Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > Panasonic NPOサポートファンド 贈呈式&キックオフ研修会を開催

英語ブログ

Panasonic NPOサポートファンド 贈呈式&キックオフ研修会を開催

1pns.jpg2011年1月27日、東京臨海副都心にあるパナソニックセンター東京で Panasonic NPOサポートファンド の2011年贈呈式を開催しました。

※ Panasonic NPOサポートファンド ホームページ

当日は、本年組織基盤強化に取組まれるNPOの代表者、選考委員長、選考委員、他社の助成金プログラム担当者や社会貢献担当者、NPO関係者など約100名が参加しました。

2pns.jpg贈呈式では、選考委員長の総評や、助成通知書の贈呈、助成事業の取り組み発表を行いました。

今年は本ファンド10年目の節目を迎え、成果を検証しさらに社会のお役に立てる助成プログラムを目指して、プログラムの第三者評価を行っています。
「組織基盤強化の取り組みが組織運営上の課題解決はもちろんのこと、団体の財政やスタッフ数の増加、ひいては社会課題の解決の促進につながる」と本ファンドの有効性についての報告がパブリックリソースセンター事務局長 岸本幸子氏からあり、過去の助成先団体による取り組み事例の発表も行いました。


3pns.jpgまた、市民社会創造ファンド運営委員長・日本NPOセンター代表理事 山岡義典氏の講演「助成金をNPOの財政基盤の強化にいかすには」、 IIHOE代表者 川北秀人氏のセミナー&ワークショップ「基盤強化助成をいかすために」を行いました。

贈呈式の模様は、ツイッターで情報発信しました。
◇ツイッターでいただいたコメント
・「組織基盤強化」をメインにした助成事業はNPOが発展していくためには重要であり、大切。
・こうした事業に10年にも渡って取り組まれているとのこと、社会と向き合う企業としての確かな姿勢を感じられる。
※ ツイッターのまとめ 

4pns.jpg贈呈式終了後、助成先団体は合宿し、翌28日夕方まで川北秀人氏を講師として「キックオフ研修会」を行いました。

1日かけて「3年後、5年後にどんな社会を実現するのか」、「中期目標を実現するための事業と資源の見直し」の講義とワークを行った後、参加者同士で仮想理事会を行い、内容のブラッシュアップをはかり、組織基盤強化事業の成功に向けて意識を高めあいました。
 
◇助成先団体のふりかえりコメント
・中期計画の考え方がスッキリと入ってきた。物事というのは考える手順、手続きが整理されるだけでこんなにスッキリとするものかと改めて思った。
・何のために(社会をどう変えたくて)活動をするのかを分かりやすく、いつも言葉にすることが、具体的目標・行動につながることに気付きを得た。
・他団体と交流することで、たくさんのエネルギーをもらった。方法も参考になった。
・組織基盤強化への時間と、カネと頭をさく貴重な機会を与えてもらった。
・仲間とともに、気づきを共有していくことの大切さを学んだ。

●当日の詳細レポートは、2月中旬にサポートファンドのHPで公開いたします。



ページの先頭へ