Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > イギリス:チャリティ自転車レースに参加

英語ブログ

イギリス:チャリティ自転車レースに参加

UK1.jpgパナソニック マニュファクチュアリング イギリスから、22人の勇敢で頼もしい従業員が“タイハファン28マイル(43Km)サイクルチャレンジ” に参加しました。

生命を脅かす病気で苦しむ子ども達のため1999年に設立されたタイハファンホスピスの資金を増やし、その活動を支援するためです。ウェールズ殿下、チャールズ皇太子もその支援者となっています。

9月5日、参加者はウェールズの谷や村に沿って美しい景色の中、レースを楽しみました。
個人個人の業績ではなく、チームイベントとして開催され、寄付金 2000ポンド(約30万円)が集まりました。

UK2.jpgパナソニック システムネットワークス イギリスの社員は休日を使って、“キュリー夫人・がんチャリティレース”に参加しました。これは南西イングランドの町インフラコムからデボンまでの100マイルを自転車で走る大会です。

責任者から店頭の営業担当まで、様々な部門から会社をあげてこのレースに参加し、参加しない残りの従業員は、募金活動や寄付活動に積極的に携わりました。結果7000ポンド(約90万円)も寄付金が集まりました。

マリーキュリーは自宅で死亡するがん患者の約50%に対し、介護や支援を提供する慈善団体です。英国では医学関係のチャリティの活動が盛んで、彼らは、がん患者のための快適なケアを提供するために昼夜を問わず働き、特にその中の看護師は安全で的確なサポートのために努力されています。


ページの先頭へ