Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

東京都清瀬市の清瀬第三小学校で「エコ・モノ語」出前授業

demae yama1.JPG
9月18日(土)、東京都清瀬市の清瀬第三小学校で「エコ・モノ語(※)」の出前授業を実施しました。

※ 工業生産を支える人たちの役割を通して考える社会科・環境学習プログラム

「エコ・モノ語(がたり)〜モノづくりの流れとそこに関わる人たちのストーリー〜」


対象は5年生3クラス/84名の子どもたち。
当日は授業の公開日で、子どもたちのお家のかたたちも一緒に授業に参加して頂きました。(有難うございます)

demae yama2.JPG
モノづくりにたずさわる人の仕事の工夫と環境配慮の取り組み(エコアイディア)について学びました。
また、日々の生活の中、自分たちにもちょっとした工夫で環境にとって良いことが出来るんだということも学びました。
今日学んだことを大切にして、お家の人と一緒にエコな生活をしていって欲しいです。

 (山口 大輔 / パナソニック株式会社 コーポレートコミュニケーション本部 社会文化グループ)

日本:日本経団連社会貢献基礎講座で小川GMが講演

ogawa.jpg

9月3日(金)、全国社会福祉協議会会議室(新霞ヶ関ビル5階)で実施された、日本経団連「社会貢献講座」で、社会文化グループの小川グループマネジャーが、「地域とともに進める『水を守る』活動」について講演しました。 

これまで事業場ごとに個別、かつ分散していた関西地区での環境保全活動を「琵琶湖(B)・淀川(Y)・大阪湾(O)・瀬戸内海(S)を結ぶBYOSクリーンネットワークとして構成し、従業員や家族、組合が中心になって地域とともに取り組んでいる「水を守る」活動を紹介しました。

当講座は、日本経団連事業サービスが、経団連社会貢献推進委員会との連携事業として、企業の社会貢献担当者向けにシリーズ講座として実施されているもので、企業の社会貢献活動はどうあるべきか、基礎的な知識や先進的な事例を学びながら、解を探っていくもの。
当日は経団連会員企業の社会貢献担当者など38名が参加し、講演のあと活発な質疑が交わされました。

日本: 「親子で楽しむ!環境学習 燃料電池★実験室」を開催

HA.jpg
8月1日(日)、ホームアプライアンス社は 「しが子ども体験学校※」向けプログラムの1つとして、午前と午後の2回、
「燃料電池★実験室」〜環境にやさしい新エネルギー・燃料電池を体験しよう!〜 
を開催しました。

※「しが子ども体験学校」…滋賀県が夏休み期間の県内全小学生を対象とした体験学習や実習を公募。

当日のプログラムは、1.発電学習 2.ワークショップ 3.チャレンジコーナー の順に、電気を分りやすく理解してもらう体験や説明の後、ワークショップで子ども達が自ら燃料電池づくりにチャレンジ。
自分のつくった燃料電池でLEDが点灯した瞬間、会場全体に子どもたちの歓声が沸き起こりました。

エコアイディア工場びわ湖のエコ体験学習



日本: エコねぶた「最優秀制作者賞」 を受賞

nebuta.jpg
『青森ねぶた祭り』が8月2日から7日までの6日間、青森市にて開催され、出陣37年目を迎える 『パナソニックねぶた』は≪水滸伝 混江竜・李俊≫(制作者:北村 蓮明氏)で、青森県下パナソニックグループ会社と有志販売店様とが運行し、大いに祭りを盛り上げました。

二酸化炭素排出量削減のために、今年はねぶたの内部照明の一部に世界初LED電球200個、電球型蛍光灯700個を使用し、昨年に引き続き「エコねぶた」を掲げました。

出陣22団体のうち、ねぶた本体の最高賞「最優秀制作者賞」、全体では第4位の「商工会議所会頭賞」を受賞しました。

また、来年1月5日には、JR青森駅海手に青森市文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」がオープンします。 この施設はねぶたの変遷を年間通して発信する場です。
ここに、一年間常設展示される5台のねぶたの1台に『パナソニックねぶた』が選出されました。

日本 : 「こどもとクラシック」音楽会に協賛

kurasikku.jpg

8月18日に「こどもとクラシック 〜オーケストラ初登場! みんなで歌おう みずとみどり いのちの輝き〜」が大阪市で開催されました。

「こどもとクラシック」は大阪市こども青少年局がこどもたちの感性を育むことを目的としてクラシックの体験機会を提供する音楽会です。
パナソニックはこの音楽会の企画に関わるとともに、大阪フィルハーモニー交響楽団の出演機会提供というかたちで協賛を行いました。


「みずとみどり いのちの輝き」というテーマにある通り、「環境」をテーマに「こども(次世代)」の心に残る選曲と内容で、当日は0歳の乳幼児から小学生、中学生まで皆で歌って、踊って、楽器を演奏するなどして楽しい音楽会になりました。


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 2010年9月 アーカイブ