Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 > パナソニック企業市民活動ブログ

英語ブログ

RSSフィード

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 沖縄県昭和薬科大学付属中学校で開催しました

KWN2013.png

昭和薬科集合.jpg

2014年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。ワークショップの模様をレポートいたします。

昭和薬科学校.jpg


■日 時:9/1(月)16:00~18:45 
■参加者:沖縄県昭和薬科大学付属中学校/生徒10名、教員1名
■講 師:映像作家 井手 広法さん/アシスタント 島仲 こすもさん


昭和薬科1.jpg

本年度、新規の参加校である沖縄県昭和薬科大学付属中学校。アートぷ(部)に在籍している個性派ぞろいの元気な女子生徒達がワークショップに参加してくれました。


昭和薬科2.png最初はおっかなびっくりで、神妙な面持ちで参加していた生徒さん達でしたが、全体の流れを伝え、スタッフの役割分担と、その意味について話し、実際に参加していくと、その目は好奇心に満ち、キラキラ光りだしました。

今回は撮影を井手さん、脚本を島仲さんの2班体制でのぞみました。

昭和薬科3.pngプロットはかなりしっかりとしたものができていたので、登場人物の深め方や、ある程度定まった物語のパターンの中で、どのように人の心を動かすストーリーに仕上げて行くか等を話しました。また、台詞に関しては、実際に考えて書いてもらいながら、よりリアルな台詞に仕上げて行く練習をしました。
これまでのドキュメンタリーやニュース形式とは違う、ドラマの手法を使ってのワークショップだったので、カメラアングルや演技の付け方や、編集のコツまで行い、とても濃い内容の3時間となりました。

みんな集中力を切らさず、後半は講師が手を出さなくても、自分たちでまわせるようになりました。
ワークショップが終わって、全員で記念撮影。本当にお疲れ様でした。

《参加者の感想》
-参加した生徒-
ドラマの撮影方法など分かってよかった。脚本の落とし所が少し理解できた。

― 参加した先生-
分からない事も分からない生徒たちが、理解して身体が動いていくのをみるが嬉しいです。これから生徒たちも頑張ると思います。


皆さん、ステキなドラマが完成するのを、楽しみに待っています!!
頑張ってくださいね!!

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 鈴鹿市立鈴峰中学校で開催しました

KWN2013.png

鈴峰中学校集合写真.jpg

2014年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。ワークショップの模様をレポートいたします。

鈴峰中学校1.jpg

■日 時:8/5(火)13:00~16:00 
■参加者:鈴鹿市立鈴峰中学校/生徒8名、教員2名
■講 師:近畿教映 カメラマン清野さん、大澤さん 


11鈴峰中学校jpg.jpg本年度、初参加校である三重県鈴鹿市立鈴峰中学校。学校の美術部に所属する男女8人組のグループが、ワークショップに参加してくれました。

鈴峰中学校3.pngまずは、図書室で座学スタート。講師の清野さんが携わった作品の資料を見ながら、映像作品づくりの基本的な流れや役割についてレクチャー。先生も生徒たちも、みんな集中して清野さんの話を聞いていました。

鈴峰中学校4.png生徒たちの部室である美術室へ移動して、機材に触れながら、各役割を体験しました。みんな、照れながらやっていたけど、自分に向いている役割が見つかったかな??
最後は、編集作業についても簡単にレクチャーして、ワークショップは無事終了。

講師の清野さんと一緒にみんなで集合写真。終始ニコニコしてた生徒たちでした。
先生も、映像での作品づくりは初めてだけど、気合はバッチリ入ってましたよ。


-参加した先生-
美術部として、新しいジャンルでの取り組みをさがしていて、今回KWNに参加することになりました。初めての映像作品づくりなので不安でしたが、細かく教えていただき、生徒たちのヤル気も感じることができました。ありがとうございました。


皆さん。作品づくり頑張ってくださいね。楽しみに待っています!!

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 岩手県久慈市立三崎中学校で開催しました

KWN2013.png

三崎中学校集合.jpg

2014年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。ワークショップの模様をレポートいたします。

三崎中学校1.jpg■日 時:7/31(木)13:15~16:15 
■参加者:岩手県久慈市立三崎中学校/生徒10名、教員2名
■講 師:映像作家 井手 広法さん / パナソニック 熊沢

本年度、初参加校である岩手県久慈市立三崎中学校。元気な10名の生徒たちがワークショップに参加してくれました。

三崎中学校2.jpg

この学校には、小学校の時にKWNに参加して作品をつくったことがある生徒(久慈市久喜小学校)と、他の小学校だったので初めての映像制作になる生徒と半々の人数だった為、その習熟度の違いを早く埋める必要がありました。そして、実際ワークショップを始めてみると・・・

三崎中学校3.pngみんな、極めて熱心に聞き入ってくれて、カメラの使い方や、そもそも映像制作ってどこから手をつけたら良いのか??などの概論にも、食いつくような目で参加して頂きました。インタビュー担当と生徒たちへのレクチャーもバッチリOK。

三崎中学校4.png最初から最後まで、緊張感を持って参加してくれた生徒たち。更なるレベルアップを目標にして、みんなでパチリ!いい顔しています。作品の仕上がりが楽しみですね。

《参加者の感想》
-参加した生徒-
最初から丁寧に教えて頂き、ありがとうございました。作り方のコツが少しわか
りました。これから頑張って、作品を作っていきたいと思います。

― 参加した先生-
最初は、わからないことも分からなかったのですが、講師の先生方のおかげで作
品の作り方や進め方、チームワークの大切さが分かりました。


皆さん。作品づくり頑張ってくださいね。楽しみに待っています!!

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 信州大学教育学部附属松本中学校で開催しました

KWN2013.png   

信州大学付属松本中学校集合写真.jpg2014年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。ワークショップの模様をレポートいたします。

信州大学付属松本中学校1.jpg

■日 時:7/25(金)8:40~11:40                            

■参加者:信州大学付属松本中学校/生徒5名、教員2名

■講 師:映像作家 井手 広法さん / パナソニック 熊沢

  信州大学松本中学校3jpg.jpg  信州大学松本中学校4.jpg    

総合的な学習の時間を活用し調べた、地元松本市をアピール出来る「井戸」をテーマにした作品づくりを目指す男子5人組のグループが、ワークショップに参加してくれました。

信州大学松本中学校5.jpg 信州大学松本中学校7.jpg 6信州大学松本中学校.jpg       

短い時間で、多くの事を学ばなければならないこのワークショップでは、文字通り分刻みでメニューをどんどんこなしていきます。カメラの使い方、インタビューの方法など多岐に渡ります。
どの生徒さんも、真剣な眼差しが印象的でした。

最後は講師の井手さんと記念撮影。最初は緊張しきっていた顔もずいぶんほぐれて、目もキラキラしていました。この調子で、実制作も頑張っていって欲しいですね!お土産に大きなスイカを頂きました。ありがとうございました!!

《参加者の感想》
-参加した生徒-
最初は、何をどうしたら良いかわからなかったけど、講師の先生が撮影の仕方や、テーマの考え方、インタビューのやり方などを丁寧に教えてくれたのでやる気が出ました。

― 参加した先生-
映像制作に携わる事自体初めてだったので、こちらも不安だったけど、講師の方がその仕組みから教えて頂いたおかげで、最初はとても高く感じたハードルが、最後は越えていけそうな気がしたので、大変良かったです。


皆さん。作品づくり頑張ってくださいね。楽しみに待っています!!

最初は、おっかなびっくりの様子でワークショップに参加した生徒たちでしたが、実践的な制作の方法や、その手前のテーマをどうやって決めていくか??などの実例をあげながら進めていきました。

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール

日本:JICA地球ひろばで「ハイブリッドカー工作教室」を実施

キッズスクールロゴ.jpg

2014JAICトップ.jpg

7/19(土)から8/31(日)まで、JICA地球ひろば「ソーラーランタン10万台プロジェクト」を紹介しています。

本プロジェクトは、当社が創業100周年を迎える2018年までに、無電化人口の多いアジア、アフリカ等の新興国・途上国を対象にソーラーランタンを寄贈し、社会生活の改善と向上を目指す取り組みです。

展示の関連イベントとして、子どもたちを対象とした「ハイブリッドカー工作教室 手づくりハイブリッドカーを走らせよう!」(8/1)や、セミナー「ソーラーランタン-無電化地域への挑戦-」(8/21)を開催しました。

【ハイブリッドカー工作教室】
小学校高学年のお子さんを対象に、作りながら、省エネやエコについても楽しく学び、平らな道ではソーラーバッテリー、上り坂では乾電池を使って走らせることができるという優れモノ。
参加の子どもたちは、一生懸命作りました!

車検2.jpg        工作中2.jpg

【関連サイト】

ページの先頭へ