Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ

英語ブログ

RSSフィード

日本:岩手県 盛岡市で行われた「平成26年度放送専門部盛岡支部番組講習会」を紹介します

岩手r高校生WSロゴpng.png

岩手高校生WSトップ.jpg

岩手高校生WS1.png■日 時:3/25(木)10:00~15:30
■参加者:岩手県の高校12校(放送部)125名
■講 師:映像作家 井手 さん、朴さん


パナソニックが推進する映像制作プログラム「キッド・ウィトネス・ニュース(KWN)」。
今回は、岩手県の放送部に所属する高校生に対して、映像制作のノウハウをお伝えするワークショップを行いました。今回の参加は、これまでの小中学校ではなく高校生。しかし岩手県中の放送部が集まり、その数なんと125名!というKWN史上最大級の人数&初の高校生とのワークショップということで講師の先生方も気合いが入ってます。

岩手高校生WS2.png今回は、始まりもこれまでとは違い、既に作ってある作品を鑑賞しながらのスタートでした。岩手第一高等学校、岩手高校、岩手第三高等学校の制作した3作品を鑑賞しながら、会場にいる外の学校の生徒さんの感想を聞きながら、講師がアドバイスを挟んでいくという新しいスタイルで合同講評を行いました。そこでは、感想もそうですが映像制作におけるノウハウを井手、朴両先生から伝えて頂きました。


岩手高校生WS3.png生徒さんたちは真剣な表情で聞いていました。今回はメモの取り方も工夫を凝らし、最初から出来上がっているテキストを渡すのではなく、壇上にホワイトボードを用意し、そこに書記係の生徒さんに講師の言葉をどんどん書いて頂き、それを書き込んでいきながら、みんなの気づきも反映させられる手法をを井手さんが考案したので、その実践もかねて行ったところ非常に良い感触がえられました


岩手高校生WS4.png最初の休憩を挟んだところで、いよいよ本日のメインメニュー「編集をどのように構築するか?」の講義と実践に入りました。これまで様々な学校で先生方からもっとも質問が多かった「編集のまとめかた」について、講師の井手さんより事例を含めた紹介と、そのノウハウを紹介していきます。

岩手高校生WS5.pngさらに今回は井手先生の元々の最大の映像スキルである「合成技術」を駆使した「クロマキー合成」にも挑戦してみます。高校生ならではの構成力と実行力に期待して、敢えてここでは即席で参加スタッフをこの場で募ったところ、意欲あるメンバー15名が手を挙げて頂きました。壇上にあがり盛り上がったところで今回作ってもらう作品のテーマを発表します。テーマは「スポーツ」。3班の特別制作班を結成して、短い時間で「構成・撮影・編集」を行います1分間の「作品作り」にチャレンジして頂きました。残りの生徒さん達にはその場でフリーディスカッション形式で映像制作のノウハウを講師よりレクチャー。


岩手高校生WS6.png一方では撮影班で忙しく動く生徒達、またメインの壇上では上がってくるクロマキー合成の数々や、その他、制作に関する質問が出て来て、井手さんと朴さんが一つづつ丁寧に応えます。


岩手高校生WS7.png一方、こちらは制作チームの面々。限られた時間でどうやってテーマの「スポーツ」にまつわるストーリーを考えだし、演出を考え、配役し、撮影をするのに必死です。でもさすがは高校生。一度集中するとその動きの速いこと!どんどん考え、どんどん動いて撮影を進めていきました。


岩手高校生WS8.pngそして出来上がった3作品をみて、みんなびっくり仰天!どの班も「スポーツ」をテーマにスポコンもの、SFテイストなもの、そして恋愛をからめたニュース的なものと、それぞれ独創性の高いバラエティにとんだ1分間の濃い映像作品を見事作り出して来て、これには講師の二人もびっくりで、声が出ませんでした。高校生の底力を改めて再発見した瞬間でした。この感じでいけばKWNのワークショップを各校で行えば、もっとクオリティの高い作品が生まれでてくるのは間違いないでしょう。期待に胸をふくらませたのは、実は講師の方でした。

岩手高校生WS9.png講評会にセミナーにワークショップに、大盛り上がりの5時間で、息をつく暇もない程忙しかったけど、みんなでものを作る喜びを分かち合えた本当に楽しい時間でした。

ここから次の優秀な作家がきっと生まれていくことでしょう!


【ワークショップ参加者の感想】
-参加した生徒達-
「こんな短い時間で作品を作ったことが無かったので大変刺激になりました」
「クロマキー合成とか知識では知っていたけど、実際にやってみてとても興味深くて面白かった」
「様々な手法や演出のヒントが得られてよかった」

また、途中で昨年度のKWNの受賞作品を見て、感想をきいたところ
「下の学年が作ったとは思えない」、「もっと作品を観たくなった」「自分たちもKWNに参加してみたい」
という声も上がりました。

― 参加した指導者- 大変興味深い内容ばかりで、色々なセミナーを受けてきたが、その中でも非常に印象に残った機会でした。
子ども達もだいぶ緊張はしていましたが、しっかりと取り組むことができたと思います。
4月にもう一度話し合いの場を持ちますが、2015年度のKWNに参加させていただこうと思っています。

----------------------------------------

作品づくりは、大変なこともたくさんあるけど、KWN日本事務局がしっかりサポートしていきますからね。
2015年度、岩手県からの参加を楽しみに待っています!

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
パナソニックキッズスクール
KWN(キッド・ウイットネス・ニュース)

日本:NPO/NGOのための組織基盤強化ワークショップを北海道で開催

組織基盤強化WS 北海道 TOP.jpg2015年6月1日に、北海道でNPO/NGOの組織基盤強化のためのワークショップを開催しました。

本ワークショップは、NPOの組織基盤強化を応援する「Panasonic NPOサポート ファンド」の公募時期に、組織基盤強化の重要性を理解いただこうと、今年は全国6ヶ所で開催します。
北海道でのワークショップは、特定非営利活動法人 北海道NPOサポートセンター、認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター、パナソニックの三者協働で実施し、組織基盤強化に関心を寄せるNPO/NGOスタッフや講師、事務局など37名が参加しました。

組織基盤強化WS 北海道 講演.jpgワークショップの初めに、なぜNPOに組織基盤強化が必要なのか、組織基盤強化の意味と意義について日本NPOセンターの代表理事である早瀬 昇さんより講演いただきました。


続いて、実際に組織基盤強化に取り組んだ事例として、2団体から発表がありました。

1団体目の発表は、2011年から3年間にわたってNPOサポート ファンドで応援した「ホールアース研究所」代表理事の山崎 宏さんです。
組織基盤強化WS北海道 事例.png山崎さんからは、「自分達も組織基盤強化の事例を求め、皆さんと同じようにセミナーなどに参加して聞く立場にありました。自分達の取り組みが皆さんの団体の絶対的な解決にはならないまでもヒントにはなると思うので参考にしてほしい」と、組織基盤強化に取り組んだ背景、組織診断のプロセス、組織基盤強化の取り組みについて発表がありました。
最後に「最近、スタッフ自らが起こす運動性の風が吹き始めてきました。組織の一員でありながら、自分の価値観、方法論でもって組織を牽引していく機運が芽生えている。ここにきてようやく新生ホールアースの姿が見えてきました」と締めくくりました。

続いて、地元の北海道・余市で実施されているエコカレッジの取り組み事例についいて「北海道エコビレッジ推進プロジェクト」理事長の坂本純科さんより紹介がありました。

組織基盤強化の事例を聞いた後、自団体の組織課題を深掘りするワークショップを行いました。
自分達の組織課題を3つ挙げ、その課題についてグループのメンバーからの問いを受け、課題の原因を深掘りしていきます。グループワークの内容は、全体でも共有しました。

組織基盤強化WS北海道 WS.png
最後に、現在公募中の「Panasonic NPOサポート ファンド」について紹介して、ワークショップを終了しました。

組織基盤強化WS 北海道 PNSF.jpgパナソニックは、NPO/NGOがより戦略的に社会課題の解決をはかるには、その組織基盤強化が重要であるとの認識のもと、2001年に本ファンドを設立し、以来、260件3億2千万円の助成をしてきました。
2015年募集事業の助成テーマは「客観的な視点を取り入れた組織基盤の強化」です。
パナソニックの企業市民活動の重点分野である「環境・エネルギー」「次世代育成支援」分野において、国内で先進的な取り組みを展開するNPOや、新興国・途上国で活動するNGOが、第三者の多様で客観的な視点を取り入れて、組織の優先課題を抽出し解決の方向性を見出す「組織診断」から応援します。また、組織運営上の課題を解決する「組織基盤強化」も応援します。
応募受付期間は7月16日(木)から7月31日(金)までです。皆様からのご応募をお待ちしています。

▼Panasonic NPOサポート ファンド 2015年募集事業の詳細はこちら
▼パナソニックのNPO組織基盤強化支援
▼【イベントレポート】組織基盤強化ワークショップ in 東京

日本:東北復興支援「チャリティー・リレーマラソン東京2015」にパナソニックが連携~被災地の現状と参加者の思いを映像メッセージにまとめ、東京でサポートしてくれる子ども達に届けました。

タイトル.png

チャリティー2015東北TOP.jpg

公益社団法人日本フィランソロピー協会が主催する被災地のために行動する中学生を応援しよう!東北復興支援「チャリティー・リレーマラソン東京2015」にパナソニックの東北復興支援「きっと わらえる 2021」が連携し、被災地の現状と参加者の思いを「今、つたえたいこと」をテーマにメッセージ映像にまとめ、東京でサポートしてくれる子ども達に届けました。

実施日:4/30~5/1、5/14~5/15
参加者:大船渡市立大船渡中学校(岩手)/大船渡市立吉浜中学校(岩手)/
      いわき市立勿来第一中学校(福島) /東北学院中学校(宮城)/石巻市立蛇田中学校(宮城)
映像講師:朴 正一さん

今回は、チャリティー・リレーマラソンに参加が決まっている東北5校が参加。各地での映像ワークショップや撮影体験の様子をご紹介します。

チャリティー2015東北1.pngまずは、4/30に実施した大船渡市立大船渡中学校での撮影の様子です。撮影には、2年生11名が参加してくれました。校舎から見える大船渡港をバックにメッセージを撮影したり、教室などでそれぞれの役割を体験しました。初めてのプロの機材に、みんなとても楽しそうでした。

チャリティー2015東北2.png続いて、5/1に実施した大船渡市立吉浜中学校での撮影の様子です。撮影には、3年生9名が参加してくれました。生徒ひとりひとり、しっかりとした夢を持っていて、その想いをしっかりとビデオメッセージで伝えてくれました。とても良いチームワークでしっかり撮影に取り組んでくれました。

チャリティー東北3.png

5/14に実施した いわき市立勿来第一中学校での撮影の様子をご紹介。皆さんご存知の通り、KWN日本コンテスト2連覇のナコイチです。撮影には、美術部の11名が参加してくれました。昨年度、チャリティー・リレーマラソンに参加した3年生もメッセージ撮影に協力してくれました。笑顔の絶えない楽しい撮影時間でした。

チャリティー東北4.pngこちらは、5/15に実施した東北学院中学校での撮影の様子です。撮影には、生徒会執行部の男子4名が参加してくれました。大きな校舎の中を、それぞれの希望場所に移動してメッセージを撮影ました。みんな緊張しながらも、真剣な表情でしっかりとメッセージを伝えてくれました。

チャリティー東北5.png最後は、5/15に実施した石巻市立蛇田中学校での撮影の様子です。撮影には、生徒会執行部の12名が参加してくれました。撮影場所や演出などもしっかり考えてきてくれました。日和山や南浜町からのメッセージ発信は、我々スタッフの心にもとても響きました。カメラマンや撮影監督の役割など、楽しそうに挑戦してくれていました。

東北参加校(5校)で撮影された生徒達の 「今、つたえたいこと」のメッセージ映像はコチラ

チャリティー2015東北コラージュ.png復興へ向けた思いを一つにした東京と被災地の中学生約100名が襷をつなぎながら7月19日チャリティー・リレーマラソン東京2015で、都内(日比谷~皇居~銀座~浅草~豊洲~築地)を一緒に走り、東北復興をアピールします。たくさんの応援をよろしくお願い致します!

《関連サイト》
きっと わらえる 2021
フィランソロピー協会
チャリティー・リレー・マラソン東京2015
パナソニックキッズスクール
キッド・ウィットネス・ニュース日本

日本:門真ビオトープde田植え体験 ~エコリレージャパン主催活動~

エコリレー.png



201506ビオトープ5.jpg2015年6月6日(土)、パナソニックグループ労働組合連合会横にあるビオトープで14回目となる田植え体験イベントを実施しました。

門真ビオトープには、小さな棚田風の田んぼが2枚あります。
梅雨入りし、どんより曇空でしたが、パナソニック社員とその家族、都島こどもエコクラブの皆さん、総勢30名が参加し、米づくり田植え体験をしました。

201506ビオトープ2.jpg201506ビオトープ3.jpg二つの田んぼ(それぞれ30㎡)に分かれた子供たち、付添のお父さん、お母さんも応援し、30分ほどで苗が一直線に並ぶきれいなビオトープ田んぼに仕上げてくれました。

201506ビオトープ4.jpg田植えの後はメダカ採り池遊びを楽しみました。
10月には「ビオトープdeイネ刈り体験」を予定しています。それまでのイネ育てはビオトープ仲間の皆さんがお世話します。

ブログ参照
昨年の様子  

門真ビオトープ「ささやまの小さな自然」の概要
2002年2月、松下電器労組(現・パナソニックグループ労連)が本部事務所の移転に合わせ、自然を身近に実感し、環境への思いやりを育めるよう、21世紀の活動シンボルとして構内にビオトープを設置。テーマはパナソニックグループ労連休暇村・ユニトピアささやま(兵庫県篠山市)付近の里山をイメージ。規模は約450㎡(14m×35m)、周囲に雑木林を配し、上之池、下之池は小川でつながる流水環境を形成、その間に一之田、ニ之田、野原があり、小さいながら里山、田舎の田園風景を再現しています。さらに詳細はホームページでご覧下さい。

最新のビオトープの様子、
詳しくはグリーン叔父さんのHP をご覧ください。

《関連サイト》
エコリレージャパン

日本:クリーンアップふくい大作戦!環境美化運動 ~エコリレージャパン連携推進~

エコリレー.png

201506気比1.jpg

2015年6月7日(日)、福井県敦賀市「気比の松原」にて清掃活動が開催されました。

主催「敦賀市」

※ 参考 気比の松原について

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 車載エレクトロニクス事業部、パナソニックグループ労働組合連合会 若狭支部、パナソニック松愛会 北陸支部のメンバーとその家族、総勢160名が参加しました。(全体参加者約1600名)

福井県では、福井の豊かで美しい自然環境を守るため、平成4年度から、行政・県民が一体となって県下一斉に環境美化活動を行う「クリーンアップふくい大作戦」を推進しています。敦賀市は、毎年6月の環境月間に、美しい自然環境や住みやすい生活環境の保全のため、気比の松原を中心に清掃活動を行っている。


パナソニックグループとしては、2010年から参画し、今年6回目の参加です。
ブログ参照
※昨年の様子 

201506気比2.jpg201506気比3.jpg

参考:気比の松原100年構想


《関連サイト》
エコリレージャパン


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ