Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 > パナソニック企業市民活動ブログ

英語ブログ

RSSフィード

日本:「プロボノ TO ふくしま 2014」~スキルを活かして福島県のNPOの事業展開力の強化を応援する、短期集中型の被災地支援プロボノ~

20140725 タイトル.jpgパナソニックグループの社員が、ビジネススキルを活かして福島県の復興支援に取り組むNPOの事業展開力の強化を応援する1泊2日の被災地支援プログラム「プロボノ TO ふくしま 2014」を7月25日(金)~26日(土)に実施しました。

プロボノとは、「公共善のために」を意味するラテン語に由来する言葉で、「社会的・公共的な目的のために仕事で培った経験やスキルを活かすボランティア活動」を意味します。

20140725 今からやるぞ.jpg今回のプログラムには、関東はもちろんのこと、山梨県、山形県、そして関西からも6名を含む23名の社員が参加しました。4~5名がチームを組み、自身の経験やスキルを活かして福島県の復興支援に取り組む5団体の営業資料の作成やチラシ・PR資料の制作、ウェブサイトの制作に取り組みました。

7月25日(金)に、東京からバスで今回の支援先NPOの事務所がある福島に向けて出発しました。
お昼に福島駅に到着すると、支援先NPOと合流し、それぞれの事務所で今回のニーズに関するヒアリングを行いました。

20140725 支援先NPOへヒアリング.jpgオリエンテーション以降、プロボノチームは今日の日を迎えるまでに、質問事項のやりとりや事前調査、仮説を立てながら支援先NPOとコミュニケーションをはかってきました。なかには、事前視察を2回行った人がいるほどです。
また1週間前には、福島の現在の復興状況やNPO等の復興支援活動について学ぶ「勉強会」を実施し、今日を迎えています。
今日は初めて支援先NPOの事務所を訪問し、資料だけでは分からない部分をお互いに顔をあわせて丁寧にヒアリングしていきました。

<支援先NPO>
◆特定非営利活動法人 ふよう土2100
◆特定非営利活動法人 ビーンズふくしま
20140725 支援先NPOへのヒアリング②jpg.jpg◆特定非営利活動法人 いいざかサポーターズクラブ
◆一般社団法人 手づくりマルシェ
◆一般社団法人 ふくしま連携復興センター

13時から始まったプロボノワークも、NPOへのヒアリング、チームメンバーでの検討・作業、そして成果物の案を支援先NPOと意見交換しながら過ごし、あっという間に4時間が過ぎました。

20140725 グループワークの模様.jpg

20140725 交流会.jpg      
夜は、二本松市東和地域にある「木幡山 参宿所」での交流会です。地元の食材を活かした食事やお酒をいただきながら、プロボノメンバー同士の交流はもちろん、地域の方とも交流をすることができました。
    

交流会の後は、各チームごとに「農家民泊」です。それぞれ農家さんのお宅でゆっくりさせていただき、本音ベースで震災以降の生活のことなどじっくりと伺う貴重な機会となりました。
 

20140725 ギリギリまで.jpg翌日26日(土)は、朝四時半に起きてプロボノワークを再開したチームもあります。
今日は農家さんのお宅から報告共有会を行う「二本松市市民交流センター・大山忠作美術館」に移動して、再びプロボノワークや成果発表についての打ち合わせなど、報告共有会がスタートするギリギリまで続けられました。    

    

報告共有会は一般公開形式で行い、冒頭に「プロボノ TO ふくしま 2014」の概要を紹介し、各チームから自分達の取り組み内容と成果物について発表しました。20140725 発表.jpg支援先NPOの皆さんにも参加いただき、各チームの発表を聞いて感想、コメントをいただきました。また会場からの質疑応答の時間も設け、皆で今回の取り組みについて共有しました。

   

<支援先NPOの感想・コメント>
◆限られた時間の中で、広く、わかりにくい当団体の業務や、こだわりを理解いただき、さらに素晴らしい成果を見せてくれた皆様に大変感謝しております。
一緒に議論、検討させていただいたプロセスの中に様々な気づきがありました。
20140725 報告共有会で支援先と.jpg◆成果物を提案・作成いただけただけでなく、ともに考える時間や多くの刺激をいただきました。特に、皆さまが持たれる「企業の方々の視点」「顧客ファーストの視点」をいただいたと考えています。
◆客観的にいろいろな意見交換ができ、自分達の団体にために一生懸命に取り組んでくれて嬉しかったです。
◆自分達の活動の先にあるものが何なのかを一緒に悩んでくれたことに勇気をもらいました。

最後に、参加者全員で記念撮影をして、1泊2日の「プロボノ TO ふくしま 2014」を終了しました。プロボノメンバーは、帰りのバスの中で今回の感想を共有しながら帰路につきました。

<参加者の感想>
20140725 いいざか.jpg◆自分に何かできるのか不安でしたが、支援先NPOの皆さんの真摯な姿勢とチームメンバーに恵まれて有意義な2日間を過ごすことができました。NPOさんから「一緒に考えてくれたのが励みになった」との言葉があり、少しはお役に立てたのかと思います。
◆NPOの活動に素直にすごいなと思いました。課題を我が事として捉えることができました。
◆普段仕事で接することのないメンバーと自然に役割分担ができ、本来ならできるはずのない 時間軸の中でやりきることができました。社内での人脈も広がりました。
◆少しだけですが、福島やNPOの現状等について知ることができました。農家さんやNPOから本音も聞くことができたのも貴重な経験。これをきっかけにより理解を深めていきたい。
◆すこしでも成果物が有益なものになるよう、これからもフォローしていきたいです。

20140725 最後の写真.jpg

今回の1泊2日のプログラムの模様は、「詳細レポート」として後日ウェブサイトで公開します。

本プログラムは、特定非営利活動法人サービスグラント、一般社団法人ふくしま連携復興センター、パナソニックの共催で行いました。

--------------------------------------------------------------------
■Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
--------------------------------------------------------------------
パナソニックは2011年度より「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」を開始。
社員のビジネススキルを広く社会のお役に立てる新しい形の社会貢献プログラムとして、NPOの事業展開力を応援し社会課題の解決促進に貢献することを目指しています。また社会課題の解決に取り組むNPO支援を通じて、社員の地球市民としてのイノベーションマインド向上も期待しています。支援先は、NPOの組織基盤強化を応援する助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」で過去に応援した団体を中心に選定しています。
2013年度までの3年間で、81人の社員がプロボノに参加し、13団体の中期計画策定や、営業資料の作成、ウェブサイトの再構築、マーケティング基礎調査に取り組みました。13団体のうち10団体は、当社社員のみで構成されるパナニック社員プロボノチームで取り組み、支援先には被災地で活動するNPOも含まれています。

2014年度は、パナソニック社員プロボノチームでNPO3団体の支援を予定しています。
6月に、関西で「CAPセンター・JAPANチーム(ウェブサイト再構築支援)」「さをりひろばチーム(マーケティング基礎調査支援)」の2チームがNPOの事業展開力の強化に向けて本格的に活動を開始しました。さらに8月に東京で1プロジェクトを発足させる予定です。

<関連情報>
▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム


日本:【NPOサポート ファンド】継続助成団体の成果報告会を開催

20140717 タイトル.jpg2014年7月17日(木)に、Panasonic NPOサポート ファンドの助成を受けて組織診断を行い、継続して組織基盤強化に取り組まれた団体の成果報告会を開催しました。成果報告会には助成先団体、選考委員、NPO/NGOのスタッフ、コンサルタントの方など約50名が参加しました。

NPOサポート ファンドは2001年の設立以来、毎年プログラムを改善させながら、5年を節目にプログラムを大きく改定しています。
今回の発表団体は、2011年からの本ファンド第3ステージでプログラムの仕組みに新たに取り入れた「組織診断にもとづく組織基盤強化」を実践した団体です。「組織診断」から「組織基盤強化」へと複数年にわたり継続して取り組んでおり、助成2年目を終えた5団体と、助成3年目を終えた6団体が取り組み内容と成果について発表しました。

20140717 子ども分野発表風景②.jpgはじめに子ども分野の7団体が発表し、取り組み発表後は質疑や意見交換、選考委員である子ども劇場東京都協議会の森本常任理事、ワールド・ビジョン・ジャパンの片山常務理事から講評をいただきました。

<子ども分野発表団体>
●エンパワメントかながわ
●生涯学習サポート兵庫
●ちいさいおうち共同保育園
●フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
●ホームスタート・ジャパン
●CAPセンター・JAPAN
20140717 子ども分野発表風景.jpg●シンフォニーネット

発表団体からは、組織診断によって「優先的に取り組むべき課題が明確になった」「自分達のミッションを紡ぎだすことができた」「ステークホルダーを捉えなおし、アプローチが広がった」などといった組織診断の効果や、組織基盤強化の成果が語られました。

   

    

20140717 環境分野発表風景.jpg続いて、環境分野の4団体が発表し、質疑、意見交換の後、選考委員である武蔵大学の粉川先生、協働事務局の古瀬理事長が講評を述べました。

<環境分野発表団体>
●スペースふう
●河北潟湖沼研究所
●ホールアース研究所
●NPO砂浜美術館

発表団体からはこれから組織基盤強化に取り組もうとしている団体に向けて、「組織基盤強化を自分達の事業として位置づける」「ベクトルを合わせる作業過程が大事」「組織の膿を絞り出す勇気が必要」「自分達のしたいことではなく社会から何が求められているかの視点が大事」など、自分達の取り組みをふまえたアドバイスがありました。

全団体の発表後には、本ファンドの協働事務局であるNPO法人市民社会創造ファンドの運営委員長 山岡義典氏より両分野を総括して総評をいただきました。

成果発表の後は、参加者間で情報交流ができる「交流会」を開催しました。
交流会では、パナソニック CSR・社会文化グループの福田グループマネージャーより助成3年を終えた6団体に修了書を授与しました。そして選考委員と助成先、事務局とが発表を受けての感想、アドバイスなどの意見交換を行い、組織基盤強化をテーマに学びを深めました。

20140717 交流会.jpg<参加者の感想>
・各団体が苦しみながらもそれぞれやり方でステップアップされていることに勇気づけられました
・実際の取り組みを聞くことで、それぞれの団体が何を大切にしているか、どんなところで困ったのかなど直接聞くことができ、得ることが多かった
・組織基盤強化のプロセスやアイデアなど、自分達の団体でも活かせそうなことがたくさんありました
・まず自分達が誰のためにあるか、誰が周りにいるのかを分析・整理することが必要だと気づきました

■当日の詳細レポートは、8月にNPOサポート ファンドのホームページで公開いたします。
http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/

------------------------------------
Panasonic NPOサポート ファンドとは
------------------------------------
パナソニックは、社会課題の解決の促進に向けて市民活動が持続的に発展していくためには、NPO/NGOの組織基盤の強化が必要であるとの認識のもと、2001年に「Panasonic NPOサポート ファンド」を設立。以来一貫してNPO/NGOの組織基盤強化を応援し、239件2億9千万円の助成をしています。
現在、2014年新規募集の応募受付期間中です【応募受付期間:2014年7月16日~7月31日必着】

▼Panasonic NPOサポート ファンド

■関連情報
▼Panasonic NPOサポート ファンド
▼NPOのキャパシティビルディング支援

日本:「NPOマーケティング プログラム 2014」企画発表会(第3回研修)を開催

20140712 タイトル.jpg7月12日(土)に、Panasonic NPOサポート マーケティング プログラム(NPOマーケティング プログラム)の第3回目となる企画発表会を開催しました。これまで参加団体は、6月、7月の2ヶ月間でマーケティングについて学び、外部環境、内部環境を分析して、チーム体制を強化しながらマーケティング施策の実行計画を策定してきました。

今回の第3回研修では、これまでの研修を通じてブラッシュアップしたマーケティング施策について発表しました。

<発表団体/マーケティング施策>
●日本トラベルヘルパー協会/外出支援サービス事業
●シミンズシーズ/ジリツしたシミンが増える会員プロジェクト
●CBすぎなみプラス/3本目の柱 樹立作戦!
●JASH 日本性の健康協会/保健室サポート事業&語り手サポート事業
●ちょうふこどもネット/受託施設(CAPS)を利用した18~29歳の顧客コミュニティ創出のための「お、た、の、し、み事業」

20140712 発表風景(全体).jpg

20140712 加藤さん.jpg各団体の発表後に、今回のプログラムにコンサルタントとして各団体に寄り添っている社会人サポーターから発表内容に関しての質問、アドバイスがあり、プログラム講師の松本先生、プログラムアドバイザーの加藤さんからも各団体に講評をいただきました。

そして全団体の発表後に松本先生から全体総評をいただき、全団体に共通することとして10点のポイントに絞って話がありました。

20140712 全体講評.jpg20140712 前半の振り返り.jpg今日の企画発表会で、今年のマーケティングプログラムの前半部分である集合研修が終わります。企画発表会の締めくくりとして、参加者全員がこの2ヶ月を振り返っての感想を共有しました

<参加者の感想>
●自分達の団体のモヤモヤしていたところにメスが入り、視界が開けいろいろなものがクリアになった感じがします
●「顧客目線」をノイローゼになりそうなほど意識し続けた2ヶ月間でした
●このプログラムを通じて、内外ともにいろいろな人が関わってくれることに気がつきました
●今までは何もできないことに苦しんでいて、今はやるべきことに苦労していて苦しみの質が変わってきました
●未来に向かっていく感じがあって、大変だけど楽しいです

5団体は、これからマーケティング施策の実行フェーズに入り、各団体で施策に取り組みます。そして4ヵ月後の11月29日(土)の「NPOマーケティングフォーラム」で、今回の取り組みと成果について発表します。

20140712 集合写真.jpg

▼【ブログ】マーケティングプログラム 第1回研修(合宿)
▼【ブログ】マーケティングプログラム 第2回研修

【Panasonic NPOサポート マーケティング プログラム】
NPOにとってマーケティングは、寄付や会員・ボランティアなどの支援を獲得するため、またサービスなどを提供して対価を得るため、そして組織のミッションを達成するために重要な活動です。本プログラムでは事業展開力を強化するマーケティング思考の獲得とチームビルディング、各団体の課題解決の取り組みを個別にサポートします。そしてプログラムを通じてNPOがマーケティング力を身につけ、そのノウハウを個人のスキルに留まらせず組織全体で共有して活用し、組織が抱える様々な課題を解決できるようになることを目指しています。

2014年度のマーケティングプログラムには5団体が参加し、6月、7月の2ヶ月間でマーケティングについて座学で学び、マーケティング施策の実行計画策定やチーム体制の強化に取り組みます。その後、8月から11月にかけて団体内で施策PDCAサイクルを回し、専門家やプロボノが施策実行を個別に支援して事業展開力の強化を応援します。

【関連情報】
▼NPOマーケティングプログラム
▼NPOマーケティングフォーラム2013(イベントレポート)

日本:Panasonicコミュニティコンサート~ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル 特別演奏会 in 滋賀を開催

2014滋賀jpg.jpg7月20日(土)、今年もアプライアンス社主催によるPanasonicコミュニティコンサート ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル 特別演奏会 in 滋賀が滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 大ホールにて開催されました。
当コンサートはアプライアンス社が地域貢献と次世代育成支援を目的に2010年から開催しており今回で5回目。地元の夏のコンサートとして定着してきています。


コンサートの運営はびわ湖パナソニックファミリー会の皆さんによって毎年行われています。

今年も多くの応募(約2,400人)の中から抽選にて選ばれた滋賀県下の小学生から高校生とそのご家族1,800名が招待されました。

このコンサートの特徴はニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル(NYSE)のいかにもニューヨークらしい明るく透明で、ハートにしみるような魅力的な演奏を楽しむというだけではなく、地元の子どもたちによる吹奏楽部、合唱団等とのコラボレーションも特色。今年は草津市立玉川中学校吹奏楽部との共演が行われました。

第一部の冒頭は玉川中学校の演奏で、高橋宏樹:行進曲「勇気のトビラ」、オッフェンバック:LA BELLE HELENE~歌劇「美しきエレーヌ」より~、北川悠仁/佐藤和哉:雨のち晴レルヤの3曲が披露されました。
引き続きNYSEによりモーツアルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K622を演奏とパウ・カザルス編曲によるカタルーニャ民謡「鳥の歌」が演奏されました。

第二部はNYSEの演奏からスタート。
NYSEによりベートーヴェン:交響曲 8番 へ長調 作品93が演奏されました。
そして当コンサート最大の見せ場であるNYSEと玉川中学校による共演。
両者のコラボレーションにより「ディズニーメドレー」が演奏され、慣れ親しんだメロディーに会場全体が一体となって聞き入っていました。

NYSEと玉川中学校の共演への鳴り止まぬ拍手に対するアンコールは、ショスタコビッチ:ジャズ組曲 No.2 ワルツ。この曲は哀愁を帯びた曲調が魅力的で広く人気のある曲。曲調に合わせて肩でリズムをとりながら聴いているお客様も見られました。
そして最後は毎年恒例のエドワード・エルガー:威風堂々が演奏されました。
格調高い楽曲で締めくくられ、今年も大盛況のうちにコンサートを終えることが出来ました。

日本:ネパールの学校と初の「遠隔電池教室」を実施~エナジーデバイス事業部

キッズスクールロゴ.jpg

ネパール集合写真.jpgパナソニック エナジーデバイス事業部・PRチームは、7月8日にネパールのBijeshwori Gyan Mandir Sainik Mahavidyalayaの8年生2クラス、80人を対象に遠隔電池教室を実施しました。当日はPRチームの社員が講師となり、現地校との窓口となった河内長野市立千代田小学校の先生に授業内容を通訳いただき授業を進めました。

同校では、これまでにもテレビ会議システムを活用して日本とネパールの学校間の交流授業を実施してきましたが、今回はネパールの生徒達に手づくり乾電池教室を体験してもらうことで科学の楽しさを体験学習し、より関心を向上させたいとの思いからPRチームに遠隔電池教室の要望があり河内長野市立教育メディアセンターの協力を得て実現しました。

河内長野市の小学校では河内長野市立教育メディアセンターが中心となりITを活用した授業が積極的に行われていて、海外の学校との交流授業も年間で100回程度実施しています。PRチームは以前から遠隔授業で河内長野市の教育メディアセンターにご協力いただいている経緯から、海外の小学校との交流授業のプログラムのひとつとして各国の小学校に電池教室を紹介いただいています。

ネパール講師.jpg当日は、冒頭に電池の種類、特長など電池の一般的な知識と会社の概要について紹介した後、専用のキットでオリジナルの乾電池づくりを体験してもらいました。

ネパール子供たち.png途中で質疑応答の時間も設け、生徒達から電池やPanasonicに関する質問などが多数寄せられるなど、電池、日本、Panasonicに対する関心の高さが伺えました。

最後に全員で記念写真を撮り、完成した電池を手にして生徒はとても喜んだ様子で「とても良い経験をさせていただいたPanasonicに感謝します。ありがとうございました」、「本当にありがとう。とても役に立つ内容ばかりでした。またぜひ一緒に学習したいと思います」と電池教室の感想を話してくれました。

なお、当日は現地のマスコミ各社(ネパールテレビ、ラジオネパール、Gorkhapatra、The Rising Nepalなど)が学校を訪れ、遠隔授業の様子を取材していました。

今回、Bijeshwori Gyan Mandir Sainik Mahavidyalayaの遠隔授業が好評に終わったことにより、ネパールの他の学校でもぜひ開催をしてほしいという要望をいただきました。今後は、順次、遠隔授業の実施企画を進めていく予定です。



ページの先頭へ