Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ

英語ブログ

RSSフィード

日本:パナソニックオープン2017をレポートしました~KWNキッズレポート 桐朋女子中学校~

パナソニックオープンロゴ2.jpg      KWN+キッズスクールpng.png             

    A17R3076.jpgthumb2.jpg

2016年、3年ぶりに復活したゴルフトーナメント「パナソニックオープン」。
2017年大会は、「ゴルフを、もっと『オープン』に。」をコンセプトに、パナソニックオープン初の試みとなる「ザ・ギャラリーホール」を新設し、楽しさいっぱいの大会にパワーアップしました。
今回は、パナソニックの映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)」に参加してくれている東京都調布市の桐朋女子中学校の子どもたちがレポートしてくれました。

■KWNキッズレポーター 東京都調布市 桐朋女子中学校 放送部 2年生4名
■パナソニックオープン2017/2017年4月20日~23日 千葉カントリークラブ・梅郷コース
■パナソニックオープンレディース/2017年4月19日~21日 千葉カントリークラブ・野田コース

朝からとても良いお天気。桐朋女子中学校生4人のレポートが始まりました。

先ずは大会の運営担当者のインタビューからスタート。朝も早いし・・・緊張して声も小さく・・・みんなどきどき。
でも撮影スタッフからやさしく声をかけられインタビューが始まりました。

インタビュー1.jpg今回のレポートには桐朋女子の皆さんのアイディアが満載。
レポートは生まれたてのゴルフボールとの出会いから始まり、生徒達とゴルフの勉強をしながら一人前のボールに成長していく・・そんなストーリーになっています。


ボール.png

映像で出てくるゴルフボールはお手製、そして声優も彼女達が演じていますよ。
2017年大会は、「ゴルフを、もっと『オープン』に。」をコンセプトに。
パナソニックオープン初の試みとなる「ザ・ギャラリーホール」でも応援してくださった皆さんにも自分たちから声をかけてどんどんインタビューしました。
インタビューするほうもされるほうもとても楽しそうでした。


インタビュー6.jpg インタビュー7.jpg

インタビュー3.jpg インタビュー8.jpg

インタビューを重ねるたびに、テンポも良くなりどんどん話が展開していく様になってきました!
さすが放送部のみなさん!!

そしていよいよ選手へのインタビューとゴルフ体験。
インタビューに応えて下さるのは 市原プロとキャディの井野さんです。

最初はちょっとドキドキ・・・・でも2人ともやさしい。
キャディの井野さんからは選手が落ち込んだときのアドバイス方法等を聞いてみました。  

   DCIM3136.JPG DCIM3133.JPG

最後は記念写真。「初」のゴルフ体験は番組で是非ご覧ください。プロの教え方が上手?でみんな凄く飛びましたよ!
 DCIM3142.JPG

桐朋女子中学校のみなさん。レポートお疲れ様でした!
今回のキッズレポートの模様はこちらからご覧いただけます。

■パナソニックオープン2017キッズレポート

《生徒さんの感想》
・実際にマイクを持ち、プロにインタビューすることができたのがとても印象的でした。一方、相手に伝える難しさについても考えさせられました。私は今まであまりインタビューをしたことがなかったため、かなり緊張しており、案の定、相手の顔を見ずにマイクを向けてしまいました。これからの課題です。

・撮り直しになった際、しっかり理由を確認し、それを声に出しているのは、撮られている人が緊張しないようにする配慮なのかなと思いました。カメラを2台使って全体と個人を分けて撮影する際、ひいて撮る人、近づいて撮る人とカメラマンで仕分けしているのも、勉強になりました。二人で同じような映像にならないようにする工夫だと思います。全体とアップの映像があると、編集した際に見ている人に伝わりやすいのだろうと思いました。

【今野副校長先生の感想】
お世話になりました。生徒にとって、よい経験になったと思います。今回の4名にとって、このような仕事をやらせていただくのは初めてだったので、なかなか皆様のイメージどおりには動かなかったと思いますが、我慢していただいたと感謝しております。映像が公開されるのを楽しみにしております。ありがとうございました。

《関連サイト》

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース

パナソニックオープン

《過去のKWNキッズレポート~パナソニックオープン》

パナソニックオープン2016~森村学園

日本:NPO/NGOを対象に「組織基盤強化ワークショップ」を京都で開催

20170427 タイトル.jpg2017年4月27日(木)に、きょうとNPOセンター、日本NPOセンターとの共催でNPO/NGOを対象に「組織基盤強化ワークショップ」を開催しました。このワークショップは、「Panasonic NPOサポート ファンド」の公募時期に、組織基盤強化の重要性を理解いただくことを目的に毎年開催しています。

まず最初に、日本NPOセンター 代表理事の早瀬 昇氏より、「組織基盤強化の意味と意義について」と題した基調講演がありました。
早瀬さんからは、「NPOの特徴として参加の機会を提供しながら、他者に意思決定を縛られないという意味の"自立"があること」を説明いただいたうえで、組織基盤強化として特に注目すべき「目標設定」「人的基盤の確立」「財政基盤の確立」「ガバナンス(組織統治体制)の確立」の4つのポイントについて話がありました。

続いて、実際の組織基盤強化の取り組み事例として、2団体が取り組み発表を行いました。

20170427 事例紹介.jpg
1団体目は、NPOサポートファンドで3年間助成をした「みやぎ発達障害サポートネット」です。みやぎ発達障害サポートネットは、宮城県で発達障がいのある人とそのご家族が人格の尊厳を保ち、安心して暮らせる社会づくりに貢献することをミッションに、子ども支援事業や保護者への相談事業などを展開しています。代表理事の相馬潤子さんより、第三者に入ってもらいながら組織診断、組織基盤強化に取り組んだ3年間の取り組みと成果について発表いただきました。

2団体目の発表は、地元の京都で活動をする「グローカル人材開発センター」の専務理事・渉外担当の行元沙弥さんです。グローカル人材開発センターは2013年にグローバルな視点で物事を考える能力を備えつつ、地域経済・社会(ローカル)び持続的な発展に情熱を注ぐ「グローカル」な人材を育成していきたいという想いに共感する組織・人の協力で設立された団体です。内閣府の「社会的インパクト評価実践研修」で作成したロジックモデルを提示いただきながら、この過程が組織基盤強化につながったとの発表がありました。

そして、「ワークショップ」へと進みます。

20170427 ワークの様子.jpg
ワークショップでは組織基盤に関する本質的な課題を意識するきっかけとなるよう、個人ワークとグループワークとで構成されています。
まず最初に自分の組織の組織課題を3つ挙げ、団体の基本情報とともにグループのメンバー間で相互に見せ合い、その課題についての質問事項を書き足していきます。そのうえで、自分の組織や組織課題についての発表や、もらった質問への回答などを一人ずつが発表し、意見交換をしていくことで組織課題の本質的な真因を探っていく体験をしていただきました。

20170427 琴.jpg最後に、Panasonic NPOサポート ファンドの2017年募集事業についての紹介をしました。
環境・子ども分野では、第三者の客観的な視点を取り入れながら実施する「組織診断」「組織基盤強化」の取り組みに助成します。アフリカ分野では、広報基盤強化の取り組みを応援します。

2018年にパナソニックは創業100周年を迎えます。
2018年からPanasonic NPOサポート ファンドも助成テーマを刷新し、より社会課題の解決に貢献できるようプログラムを改定する予定です。ついては、「環境分野」「子ども分野」「アフリカ分野」での新規募集の受付は2017年度が最終年度になります。組織の自己変革に挑戦するNPO/NGOの皆様からの応募をお待ちしています。

▼ご参考
組織基盤強化ワークショップ 2017 ご案内

Panasonic NPOサポート ファンド

日本:スキルを活かしたNPO支援「プロボノ」の2017年度の活動がキックオフ! ~本取組は、2016年度「東京都共助社会づくり社会貢献大賞 特別賞」を受賞しています~

20170426 タイトル.jpg

今年は、初めて「国内プロボノ=Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」と「新興国プロボノ=Panasonic Innovation Volunteer Team(PIVoT)」の説明会を合同で行いました。説明会当日には今年度のプロボノプログラムに参加を検討している方や、これまでのプロボノ経験者など総勢45名が参加しました。

まず最初に、プロボノの意味や日本での広がり、そして当社がどのように国内プロボノを展開してきたかを担当者から説明。そして具体的な取り組み事例として、2016年度に実施した公益財団法人 箕面市国際交流協会への事業計画立案プロジェクトについて、団体の方とプロボノチームより紹介がありました。 
▼箕面市国際交流協会への中間提案の模様
2017年度の国内プロボノ(関西)では、障がいのあるお子さんとそのご家族が毎日を楽しく過ごせるようサポートしている団体へのパンフレット制作や、障がい者スポーツ団体、熊本の復興支援に取り組む団体を応援する予定です。

20170426 国内.jpg

続いて新興国プロボノについて、担当者よりプログラムの概要や目的、スケジュール、そして具体的に2017年6月から始まるインドでのプロジェクトについて詳細を紹介しました。
新興国プロボノでも実際に経験した社員から、参加した動機や現地での活動内容、気づきなどを写真を交えて披露しました。

20170426 新興国.jpg

説明会の最後には参加者を5つのグループに分け、そこにプロボノ経験者が2名加わり、各人のプロボノ経験や参加希望者からの質問等に応える「リアルトーク」を行いました。参加者は、経験者の方々から自身の体験や苦労、そしてチームでどう克服したのか等の"生"の話に熱心に耳を傾け、参加を前提とした様々な質疑応答が繰り返されている様子が伺えました。

20170426 リアルトーク.jpg

このプロボノの取り組みは、東京都が2016年度に創設した「東京都共助社会づくりを進めるための社会貢献大賞」において特別賞を受賞しています。
本賞は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向けてボランティアの機運を醸成することを目的に、ボランティア活動に関して継続的・先進的な取り組みを行っている企業・団体を表彰するものです。当社はこれからも、プロボノを通じてオリ・パラのレガシーにつながる団体を積極的に支援してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2017年度の参加登録の締切りは、新興国プロボノが5月8日(月)、国内プロボノの関西プロジェクトが5月14日(日)です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

▼ご参考:
国内プロボノ(Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム)

新興国プロボノ(Panasonic Innovation Volunteer Team(PIVoT))

東京より社会貢献大賞特別賞を受賞

【読み物記事】社員チームが福島の復興に取り組むNPOのウェブサイト再構築を支援

第16回東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~岩手県大船渡市立吉浜中学校で開催~part2

キッズスクールロゴ.jpgきっとわらえる新ロゴ.jpg







東日本大震災で被災した子ども達を対象とした東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を、3月10日(金)に岩手県大船渡市立吉浜中学校で実施しました。
「きっと わらえる
2021」は、こども達の映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース」のノウハウを活用し、映像制作を通じて子ども達に笑顔と元気を取り戻してもらおうとするプログラムです。
今回は、一般財団法人 CLASSIC FOR JAPANのプロジェクトである「TSUNAMI ヴァイオリン」とのコラボレーション特別プログラムの様子をご紹介します。
作家の新井満さんにご協力いただき「千の風になって」の演奏も当日披露されました。

◇ 日程 : 2017310(金)13301600 
◇ 場所 : 岩手県大船渡市立吉浜
中学校
◇ 参加人数 : 全校生徒
30(1年生10名、2年生10名、3年生10)
スタッフ 【TSUNAMI ヴァイオリン関係者中澤宗幸、中澤きみ子、中澤創太、山形明朗、山本賢秀
        【パナソニック関係者】福田、乾、大島、藤井、斎藤
        【全体管理・事務局担当】熊沢、横尾
        【チャンネルパナソニックキッズレポート関係者】今井、鈴木、増田、荒木
        【まるわかりガイドブック取材関係者】室井、四宮            (敬称略)
◇その他:メディア各社
                                            

y3.png

東日本大震災から明日で6年を迎えようとしていた2017年310()

岩手県大船渡市にある、大船渡市立吉浜中学校の体育館では「きっと わらえる 2021」×「TSUNAMI ヴァイオリン」とのコラボレーションプログラムの準備が進められていました。
グラウンドでは、今回のプログラムをレポートしてくれるキッズレポーターの3年生4名が撮影を行っていました。

今回は、一般財団法人 CLASSIC FOR JAPANより、ヴァイオリンドクターの中澤宗幸さん、ヴァイオリニストの中澤きみ子さん、中澤創太さん、ピアニストの山形明朗さんをお招きし、講演会・演奏会、そして224()に1、2年生で撮影を行った「今、つたえたいこと」の上映会が行われます。

y4.png13時30分、体育館には、吉浜中学校の全校生徒、メディア各社が集まってくださいました。
初めに、吉浜中学校の副校長である阿部哲也先生よりご挨拶をいただき、続いてパナソニック熊沢さんが開会の挨拶をし、プログラムがスタートしました。

y5.png今回、特別授業の講師として弦楽器製作及び修復家、一般財団法人 CLASSIC FOR JAPANの代表理事である、中澤宗幸さんの講演が行われました。「夢を持つことの大切さ~ヴァイオリンを通して~」と題し、TSUNAMI ヴァイオリンが製作された経緯をDVDで鑑賞、ヴァイオリンの構造を実際の部品を用いて説明。奇跡の一本松がTSUNAMI ヴァイオリンの魂柱(表板と裏板を直接つなげる唯一の棒)に使われていることなどお話していただきました。

公演中、興味津々に、そして恐る恐るヴァイオリンに触れていた生徒たちの姿がとても印象的でした。

y6.png

に行われた演奏会では、ヴァイオリニストの中澤きみ子さんが、TSUNAMIァイオリンを生徒たちの目の前で、ヴィヴァルディの四季より「春」第一楽章や、ハーラインの「星に願いを」、新井満さんの「千の風になって」などの親しみのある曲目を実際に演奏してくださいました。

初めて生でヴァイオリンの演奏を聴くという生徒たちが大半で、生徒たちは、迫力に圧倒されながらも真剣にTSUNAMI ヴァイオリンの音色に聴き入っていました。
演奏会の最後には、「花は咲く」をヴァイオリンとピアノの演奏に合わせ、全校生徒で合唱を行いました。

y7.pngさて、プログラムもいよいよ終盤です。続いて、2月24日(金)に1、2年生が撮影した「今、つたえたいこと」の上映会が行われました。


上映が始まると、生徒たちは、スクリーンに映る友人や自分の姿を、時折笑顔で、そして真剣な眼差しで見つめていました。映像を通し「東日本大震災」を決して忘れないこと、先人たちが守り続けてきた教えを未来へ伝えていくことを改めて確認していました。

y8.png

上映会を終え、同じく24日に撮影した10年後の自分に向けた「未来へのメッセージ」が収録されたSDカード入りの「映像タイムカプセル」の進呈式が行われました。
特別授業講師の中澤宗幸さんより、吉浜中学校の代表生徒(道下朱里さん)へ進呈されました。
是非、10年後に皆さんで集まって映像を楽しんで貰いたいですね!

y9.png

続いて、吉浜中学校校長の村上俊明先生よりプログラムの感想をいただきました。
最後に、パナソニック福田部長が閉会の挨拶をし、今回予定していたプログラムは全て終了となりました。

y10.png閉会式の最後には、なんと、スタッフへ生徒さん手書きの大漁旗と、津波演劇のDVDが贈呈されました。
吉浜中学校の皆さん、ありがとうございました!


y11.png閉会後、全員で記念撮影をしました。

《関連サイト》

「きっと わらえる 2021」

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース日本

CLASSIC FOR JAPAN

第16回東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~岩手県大船渡市立吉浜中学校で開催~part1

キッズスクールロゴ.jpgきっとわらえる新ロゴ.jpg







yoshihama_01.jpg

東日本大震災で被災した子ども達を対象とした東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を、224日に岩手県大船渡市立吉浜中学校で実施しました。今回で22校目の開催となりました。「きっと わらえる 2021」は、こども達の映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース」のノウハウを活用し、映像制作を通じて子ども達に笑顔と元気を取り戻してもらおうとするプログラムです。撮影は、学年ごとのグループに分かれて行われ、支援に対する「感謝の言葉」や「復興への想い」「故郷への想い」をしっかりメッセージで伝えてくれました。

今回は「TSUNAMI ヴァイオリン」とのコラボレーション特別プログラムのため、映像制作ワークショップのみ行われました。制作した映像は310()に同校体育館にて上映を予定しています。

◇ 日程 : 2017年2月24日(金)10:40~14:00 
◇ 場所 : 岩手県大船渡市立吉浜中学校
◇ 参加人数 : 20名(1年生10名、2年生10名)
◇ スタッフ :【撮影講師】 井手、今井  
        【パナソニック サポートスタッフ】松本、古本 
        【全体管理・事務局担当】熊沢、横尾 【撮影アシスタント】荒木(敬称略)


yoshihama_02.png

1040分に体育館にて、1年生10名、2年生10名とスタッフが対面。子ども達は少し緊張気味です。
まずは、映像講師とサポートするメンバーの紹介をしました。
それぞれのグループに分かれていよいよ本格的な機材を使っての撮影が始まります。今回も「今、つたえたいこと」「未来へのメッセージ」の2本を制作します。両グループ、思い思いの撮影場所へ移動開始です。

yoshihama_03.png

講師の今井さんと2年生グループは、図書室のテラスにて「今、つたえたいこと」の撮影を開始しました。
最初は緊張していたようですが、テイクを重ねるごとに緊張もほぐれ、皆さん良い表情に・・・

yoshihama_04.png

講師の井手さん1年生グループは、校門前にて「今、つたえたいこと」の撮影を開始しました。突然の吹雪で原稿が飛ばされてしまうアクシデントもありました。

yoshihama_05.png続いて、今井さんと2年生グループは「未来へのメッセージ」の撮影へグラウンドへ移動しました。校舎をバックに、一人ひとり未来の自分へメッセージを残していきます。
カメラの前で緊張している友達の表情を和らげようと、みんなで声を出し雰囲気を盛り上げていました。仲の良さが伝わってきました。

yoshihama_06.png

井手さんと1年生グループは「未来へのメッセージ」の撮影のた教室へ移動しました。
将来なりたい職業の服装や、タブレットでの説明などとても個性溢れる演出が見られました。

yoshihama_07.png
午前中の撮影が終了し、給食タイムです。スタッフも生徒たちと一緒に給食をいただきました。
学校のことや地域のこと、たくさんお話を聞かせてくれました。とても楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。

給食後、「未来へのメッセージ」へ収録する、吉中ソーランを1、2年生全員で披露してくださいました。
息のあった踊りと、力強い太鼓のリズムに圧倒されました。大漁旗の半纏も素敵でした!

閉会の挨拶が行われ、全員で記念撮影を行い、すべてのプログラムが終了となりました。吉浜中学校の皆さん、本当にお疲れ様でした。
3月10日にまたお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております!


《関連サイト》

「きっと わらえる 2021」

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース日本


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ