Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ

英語ブログ

RSSフィード

アフリカ:初めてエチオピアへソーラーランタンを寄贈しました!

ランタン2016エチオピア1.jpg

2016年7月、エチオピアに2,400台のソーラーランタンを寄贈しました。

エチオピアには、紛争や飢饉・干魃に苦しむ隣国のソマリアやスーダン、南スーダン、エリトリアなどから逃れてきた難民や、気候変動の影響、特にエルニーニョにより住む場所を追われた国内避難民が数多くいます。そして、彼らの避難先のほとんどが無電化地域です。
そこでパナソニックは、国際移住機関(IOM)エチオピア事務所を通じて、オロミア州、ソマリ州、アファール州にある国内避難民のコミュニティにソーラーランタン2,400台を寄贈しました。保健所、青少年センター、交番など120カ所で活用される予定です。

2016年7月14日に開催された寄贈式典には、IOMエチオピア事務所長のモリーン・アチエン氏、鈴木量博駐エチオピア特命全権大使をはじめとした関係者が出席しました。


ランタン2016エチオピア2.jpg寄贈式典後は、コーヒー・セレモニーというコーヒーの生豆を煎るところから始まるエチオピアの文化的な習慣でおもてなしをいただきました。
お砂糖を多くいれますが、甘すぎず、大変美味しくいただきました。そして、本セレモニーに必須の伝統的なパンやポップコーンもいただきました。

《関連サイト
ソーラーランタン10万台プロジェクト

日本:パナソニック社員チームがビジネススキルを活かしてNPO2団体を支援-プロボノ 1DAYチャレンジ OSAKA 2016

20160702タイトル.jpgプロボノとは、ビジネススキルや経験を活かしてNPO等の活動基盤の強化を支援するボランティア活動です。
月2日に開催されたプロボノ一日体験企画「プロボノ 1DAYチャレンジ OSAKA」はNPO法人サービスグラントの主催で開催され、43名の方が参加し、9チームに分かれてNPO9団体を支援しました。パナソニックグループの社員14名も参加し、「パナソニックチーム」で2団体を応援しています。奈良県の「社会福祉法人 ぷろぼの」と、大阪市西成区にある「NPO法人 こえとことばとこころの部屋-ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム」の2団体を応援しました。

20160702ぷろぼの.jpgこの日は10時に集合し、全体オリエンテーションからスタート。
サービスグラントより、一日の過ごし方、プロジェクトの進め方についてのレクチャーのあと、チームに分かれてそれぞれの支援先に向かいます。

この日の支援先で一番遠かった「ぷろぼのチーム」は、オリエンテーション後、トップバッターとして奈良の「社会福祉法人ぷろぼの」の事務所を目指しました。
電車の中でこれからの進め方について話をしながら、お互いをあだ名で呼び合うほど仲が良く、チームワークは抜群です。と言うのも、今日を迎える前に、ほとんどのメンバーが事前に「社会福祉法人ぷろぼの」を一緒に見学していました。

社会福祉法人ぷろぼのは、障がいのある人の就労移行支援を中心に、働く場、農業、放課後児童デイ事業、グループホーム、地域貢献事業と多岐にわたり活動を展開しています。
地元に根ざして積極的に活動を行い、広報発信にも取り組んでいるものの、自分達の取り組みをうまく伝えられていないのではないかという課題をお持ちでした。

お昼を「社会福祉法人ぷろぼの」の田中事務局長と食べながら、和やかな雰囲気でヒアリングがスタート。組織概要の把握、活動目的、課題の確認、誰に、何を伝えたいのかの優先順位、成果物のイメージなどをヒアリングしました。
そして、ヒアリングが終わると、チームメンバーだけで議論と作業に取り掛かります。途中で成果物のイメージを確認しながら、先方の期待に応えるべく、時間との闘いです。「ぷろぼのチーム」のメンバーで広報に関する課題を整理し、多岐にわたる事業毎にどのように情報発信をしていくか、また現行のウェブサイト、SNS等への参考となる資料を作成しました。

20160702ココルーム.jpg

もう一つのチームは、「ココルームチーム」です。
大阪の西成区にある「ココルーム」は、アートと社会との関係をさぐる中で、人と人、人と地域、人と社会をつなぎ、表現を媒介に人生の意味や未来への漕ぎ出し方を深め、自律的な生き方をし、社会に貢献することをミッションとして取り組んでいる団体です。
新しくゲストハウスを設立したココルームのカフェスペースをもっと盛り上げていきたいと、そのための課題整理ワークショップに「ココルームチーム」が挑戦しました。

実際のカフェの中で、そこを必要としている人々の息遣いを肌で感じながらアイデアを皆で深めていきます。
代表の上田さんも交え何度も意見交換しながら、カフェの収益向上を目的に「集客」「魅力向上」「運営の効率化」「スタッフの活性化」の4つの切り口で課題解決のためのアイデア出しを行いました。

一日の締めくくりは、参加者および支援先NPOの方が一同に会する「成果報告会」です。
ここではそれぞれのチームが、今日一日の成果物を披露しました。

「ぷろぼのチーム」の成果発表の後に、社会福祉法人ぷろぼのの田中事務局長からは、
「情報発信に関する成果はもちろんのこと、課題の整理の仕方、板書の書き方、会議の進め方など、今日のプロセスの中に多くの学びがあり、大変感激しました。
今回、作成いただいたSNS活用のレポートをじっくりと紐解きながら、効果的な広報活動の拡大を検討します」
とのコメントをいただきました。

20160702成果報告会.jpg
    それぞれの成果報告のあとは、各人が今日一日の活動を終えての感想を七夕の短冊にしたためました。そしてその感想を参加者同士で共有しながら、交流を深め合いました。当日の詳細レポートは、7月下旬にパナソニックのウェブサイトで公開します。

パナソニックは、2011年から「Panasoic NPOサポート プロボノ プログラム」を実施しています。2016年度は、今回の「プロボノ 1DAYチャレンジ」を皮切りに半年間の長期プロジェクト、3ヶ月程度の短期プロジェクトを発足し、NPO4団体を支援する予定です。

▼パナソニックのプロボノ活動

▼【プロボノ事例紹介】認定NPO法人ファミリーハウス「"理想のハウス"は社会と共に考え、つくりたい」

▼【プロボノ事例紹介】NPO法人気候ネットワーク「プロボノ支援受け、NPO内部に変化の機運が生まれる」

▼【プロボノ事例紹介】スキルを活かして福島のNPOを応援 パナソニック社員23人が挑んだ一泊二日「プロボノTOふくしま 2014」

日本:NPO/NGOのための組織基盤強化ワークショップを愛媛で開催

20160704タイトル.jpg

2016年7月4日(月)に愛媛県松山市で「NPO/NGOの組織基盤強化のためのワークショップ」を開催しました。

パナソニックは、NPO/NGOの皆さんにご自分たちの組織基盤強化について考える機会にしていただこうと「組織基盤強化ワークショップ」を全国6ヶ所で開催しています。今年度のラストを飾るワークショップは、NPO法人えひめリソースセンター、認定NPO法人日本NPOセンター、パナソニックの共催で開催し、15名の方に参加いただきました。

20160704今田さん.jpg本ワークショップは、「組織基盤強化について学ぶ」、「他団体の取り組み事例を知る」、「自分達の組織課題を考える」の3部構成になっています。
「組織基盤強化について学ぶ」では、日本NPOセンターの常務理事である今田克司氏に、組織基盤強化の意味と意義について講演いただきました。

今田さんからは、「NPOは市民に参加の機会を提供しながら自立することが重要である」としたうえで、組織基盤として注目すべき「目標設定」「人的基盤の確立」「財政基盤の確立」「ガバナンスの確立」の4つのポイントについて話がありました。


続いて、組織基盤強化に取り組んだ2団体が事例発表を行いました。
最初に、NPOサポートファンドの助成を受けて組織基盤強化に取り組んだ「NPO法人 NPO砂浜美術館」の村上理事長より発表いただきました。

20160704村上さん.jpgNPO砂浜美術館は、高知県黒潮町で「私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です。」をコンセプトに、毎年Tシャツアート展や潮風のキルト展などのイベント
などを開催しています。理事長の村上さんも当時の組織基盤強化ワークショップ
に参加し、NPOサポートファンドに応募されているます。
2011年に代表者の交代、委託事業への依存体質、自分達のミッションが不明確といった課題を抱えており、まずは組織診断から実施しました。

「組織基盤強化に取り組み5年が経過した今、強く成果を実感しています。特に
組織診断を行って良かったです。組織診断で得られた課題をこの5年間、ずっと
意識し続けて来ました。一番大変だったのはステークホルダーへのインタビューです。聞きたくないこともたくさんありましたが、そうやって周りの意見を聞こうとする姿勢が持てたことは、その後の組織運営にも有益でした。組織基盤の重要性を役職員が認識でき、数字を意識するようになりました。助成事業終了後も学んだ手法を活かして引き続き組織基盤強化に取り組んでいます」

20160704山本さん.jpg2団体目の発表は、「NPO法人 SHARE LIFE DESIGN」の山本理事長からです。
SHARE LIFE DESIGNは、「留学生の住宅不足の解消」「グローバル化に対する日本人の能力の向上」「増加する空き家の解消」「地域コミュニティの再生」の4つの地域課題の解決を目的とした団体です。
立ち上げて3年、どのように活動や組織を強化させてきたかを丁寧に紹介してくださいました。
「自分達の特徴や、SWOT分析をして、自分達らしさを確立し、今は『ミッションにそったことをやる、やらないことを決める』ことができるようになりました。これを自分達でできるようになったことが一番の組織基盤強化です」

20160704WSの様子.jpg2団体の力強い事例を聞いたあとで、自団体の組織課題を深掘りするワークショップを行いました。

ワークショップでは、組織課題を数点挙げた中から3点を選び、グループのメンバーがその課題に対して質問を挙げながら課題を深掘りしていきました。ワークの目的は課題の根っこを探ることです。

ワークショップの最後は、現在公募中の「Panasonic NPOサポート ファンド」についての紹介です。

NPOサポートファンドは、NPO/NGOの組織基盤強化を支援する助成プログラムです。
20160704東郷.jpg社会課題解決の重要なファクターである「環境」「次世代育成」分野を対象に、NPOやNGOの皆さんが第三者の多様で客観的な視点を取り入れながら行う組織運営上の課題解決の取り組みを応援します。組織の優先課題を抽出
し解決の方向性を見出す「組織診断」から応援します。


先駆的な活動と組織の自己変革に挑戦するNPO/NGOの皆様からのご応募をお待ちしています。

----------------------------------------------
応募受付期間:2016年7月14日(木)~2016年7月29日(金)必着
----------------------------------------------

▼2016年募集事業の詳細はこちら
▼パナソニックのNPO/NGO支援

日本:第35回 Panasonic杯 「ちびっ子サッカー大会」 を開催~AVC社仙台工場

キッズスクールロゴ.jpg

2015ちびっ子サッカー大会6.jpg

7月9日(土)・16日(土)の2週間にわたり、AVC社仙台工場グランドにて、地元の小学生を対象とした「ちびっ子サッカー大会」を開催しました。

仙台工場は1974年4月に設立、1982年に第1回ちびっ子サッカー大会を始めて以来、サッカーを通じて、地域少年の健全な育成・交流、地域貢献活動の一環として「夢を広げる」という趣旨のもとに、仙台工場のある宮城県名取市の教育委員会や名取市サッカー協会のご支援をいただき、PAVC労働組合仙台支部、仙台工場が一体となり運営。今年で35回目のちびっ子サッカー大会開催となりました。

  2016サッカー大会木谷工場長.png 2016サッカー大会仙台支部挨拶.png

2016サッカー大会選手宣誓.png今年は昨年より参加チームが増え、30チーム 306名の選手に加え、ご家族含め地域の方約1,000名以上が参加。

2016サッカー大会元気にプレー2.png大会初日は雨の中で開会式がスタート、グランド状態も悪い中、選手は泥だらけになりながらも必死にサッカーに取組み元気にプレー。

2016サッカー大会決勝.png大会二日目は天気にも恵まれ、準決勝、決勝を実施。日頃の練習の成果を大いに発揮し、決勝戦では高学年・低学年とも延長戦となる大接戦でした。

今年の結果
・高学年の部  優勝  閖上サッカースポーツ少年団
・低学年の部  優勝  増田Aチーム

2016サッカー大会授与.png2016サッカー大会優勝校png.png高学年優勝の閖上サッカースポーツ少年団の地元閖上地区は、5年前の東日本大震災で壊滅的な被害となった地区で、小学校も津波被害にあい、既に解体されている。現在、子供達は名取市内の別々の小学校に通いながらも、平日夜や休日に集まり練習を行い、今回13年ぶりの優勝を勝ち取りました。

名取市サッカー協会会長や理事長をはじめ、各チーム責任者からは
・35回継続し開催していることへ深く感謝します。
様々なサッカー大会はあるが、1,000名以上が集まる盛大な大会はPanasonic杯だけ。
・高学年、低学年と分かれており、低学年(特に1・2年生)が試合に出場出来る唯一の大会。
・メダルを授与してくれるのもPanasonic杯だけ。子供達はメダル獲得に向け、一生懸命練習に励んでいる―などのコメントをいただきました。
メダルは毎年、本社CSR社会文化部より提供いただいています。

また、35年継続し開催出来ているのも、終業後のグランド整備から開会式・閉会式準備・運営、試合中は全試合審判を務めるなど、仙台工場サッカー部の皆さまのお力添えを頂いております。

今後も引き続き、地域との交流を深め、少しでも地域復興に役立つ様、地域社会貢献活動を行ってまいります。

日本:NPO/NGOのための組織基盤強化ワークショップを宮崎で開催

20160623タイトル.jpg

2016年6月23日(月)に宮崎で「NPO/NGOの組織基盤強化のためのワークショップ」を開催しました。
パナソニックはNPOの組織基盤強化を応援する助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」の公募時期に、組織基盤強化の重要性を理解いただこうと、本ワークショップを全国6ヶ所で実施しています。
今年5ヶ所目となる宮崎では、NPO法人宮崎文化本舗、認定NPO法人日本NPOセンター、パナソニックの共催で開催し、23名の方に参加いただきました。

20160623早瀬さん.jpg本ワークショップは、「組織基盤強化について学ぶ」、「他団体の取り組み事例を知る」、「自分達の組織課題を考える」の3部構成になっています。
ワークショップの最初に、なぜNPOに組織基盤強化が必要なのか、「組織基盤強化の意味と意義について」日本NPOセンターの代表理事である早瀬昇氏より講演いただきました。

早瀬さんからは、NPOの自立とは他者の世話にならないことではなく、市民に参加の機会を提供しつつ、他者に意思決定を縛られないことを前提に、参加型組織にするためのポイントとして、「目標設定」「人的基盤の確立」「財政基盤の確立」「ガバナンスの確立」についての話がありました。

続いて、組織基盤強化に取り組んだ2団体による事例発表です。
1団体目はNPOサポートファンドの助成を受けた「NPO法人 環境ネットワークくまもと」の園田事務局長より発表がありました。

20160623園田さん.jpg環境ネットワークくまもとは、環境問題の背景の変化により、各環境NGOが情報交換や連携することの重要性を認識したNGOや個人が集い、環境保全意識の拡大と環境保護運動への参加を図ることを目的に1994年に発足しました。
サポートファンドに応募したのは設立から約20年の、組織として成長期から円熟期に差し掛かった時期です。ガバナンスと事業マネジメントに関しての課題を抱え、助成1年目に「中期目標の設定と事業戦略の強化」に、助成2年目に「専門家ネットワークの充実とビジネスモデルスキームの確立」に取り組みました。
園田さんからは「組織基盤強化に取り組んだ結果、組織にも自分自身にもじわっと効果が現れていることを実感しています。組織基盤強化は自分達で機会をつくるもの。自分達の経験をふまえ、昨年は熊本県内のNPOにコンサルタントとして関わる機会もありました。」と、現在はご自分達のノウハウが熊本県内の他団体へも波及しているという力強い発表がありました。

20160623アイサイト.jpg2団体目は、地元の宮崎で活動している「NPO法人 iさいと」の古賀事務局長からの発表です。iさいとは、西都原を基点に市民が共同参画できる協働体を構築し、宮崎の活性化に寄与することを目的に活動をしています。

主な活動として宮崎県立西都原考古博物館の運営などがあります。理事の運営に対する意識を共有するための会議などを重ね、組織として成長しつつも課題が山積するなか「様々な人の意見や知恵を取り入れながら組織基盤強化に取り組んでいかなければと日々感じています」と紹介いただきました。

20160623WS.jpg組織基盤強化についての学びを深めた後で、自団体の組織課題を深掘りするワークショップを行いました。
ワークショップでは、それぞれ組織課題を3点挙げて、グループのメンバーからその課題に対する質問を繰り返し、グループでのディスカッションを通じて課題を深掘りしていきました。

グループワークの最後に、現在公募中のNPOサポートファンドについて紹介しました。

NPOサポートファンドは、社会課題解決の重要なファクターである「環境」「次世代育成」分野を対象に、NPOやNGOの皆さんが第三者の多様で客観的な視点を取り入れながら行う組織運営上の課題解決の取り組みを応援する助成プログラムです。
組織の優先課題を抽出し解決の方向性を見出す「組織診断」から、組織基盤強化の一連の取り組みに助成します。
20160623東郷.jpg応募受付期間は、7月14日(木)~29日(金)必着です。組織の自己変革に取り組む皆様からの応募をお待ちしています。

▼2016年募集事業の詳細はこちら

--------------------------------------------------
2016年度の組織基盤強化ワークショップは、東京、兵庫、岩手、北海道、宮崎、愛媛で開催しました。

■兵庫でのワークショップの模様はこちらから
--------------------------------------------------

<関連情報>
パナソニックのNPO組織基盤強化支援


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ