Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 > パナソニック企業市民活動ブログ

英語ブログ

RSSフィード

日本:パナソニックキッズスクール×東北のパナソニックの店@渡辺無線(宮城県気仙沼市)でキッズスクールを開催しました!

キッズスクールロゴ.jpg

2014サライ集合写真2.jpg

東北・気仙沼のでんきやさん渡辺無線が、パナソニックキッズスクールを開催しました。
こどもから大人まで、夢中になる時間を過ごしました。


いまなお延々と更地が続く、宮城県気仙沼の漁港近く。被災後もここで街のでんきやを営む渡辺無線さん。


パナソニックとのコラボにより、2014年9月13日、パナソニックキッズスクールを開催しました。
会場はお店に併設されている、町のコミュニティルーム"サライ"。
小学生たちにまじって小さなお子さんや、付き添いのお父さんお母さん、お祖父ちゃんお祖母ちゃんの姿も見られ、ハイブリッドカー工作LEDランタン工作の2つのワークショップが賑やかに行われました。

2014サライ会場②.jpg2014サライ101.png手を動かすのって、こんなに楽しい...!

午前中に行ったハイブリッドカー工作は、太陽電池とアルカリ電池の2つの動力で走るクルマを組み立てながら、環境とエネルギーについて楽しく学ぶもの。
2014サライ高橋さん2.jpg2014サライ4.png手を動かすのが早い子、遅い子もいますが、全員のクルマが完成すると、秋晴れのなか、さっそく専用コースで試走会。
自分のクルマが快調に走り出すと、子供たちは大興奮。
平らな道では太陽電池、坂道では乾電池へと切り替わりながら走るクルマに、目を輝かせていました。

午後は、LEDについて学びながら、切り紙細工やシールを思い思いに飾り付けて、LEDランタンを製作。
世界でひとつの照明づくりに、こどもたちばかりか大人たちも夢中になり、時がたつのも忘れるほど。
部屋の電気を消し、一斉にランタンを点灯すると、暗闇が色とりどりの美しさに染まり、みんなから歓声があがりました。

2014サライLED.jpg2014サライ6.png復興はまだまだ始まったばかりだけど、こどもたち、負けないで。

2014サライ 渡辺無線ご夫婦.jpgそもそも、なぜキッズスクールを開催したいと思ったのか、主催者の渡辺耕良さんと奥さまの真由美さんは語ります。

「震災後、僕たちは、モノをつくる復興も大事だけれど、子どもたちの心のケアを考えなきゃならんと思いましてね...」。
自らも被災された渡辺無線さんは店舗を再開すると、隣りの部屋に、町のみんなが集えるコミュニティルーム"サライ"を併設。
サライとは、ペルシャ語で"小さなオアシス"という意味だそうですが、子どもたちに勉強部屋として開放したり、さまざまな催しに使ってもらうようにしました。
「あれから4年目になりますが、正直、復興にはまだまだほど遠い。子どもたち、黙って耐えてはいますが、ストレスも相当たまっているはず。ともすれば閉じこもった気持ちになりそうな毎日に、何か新しい空気を入れたくて、キッズスクールの開催を思い立ちました。」

2014サライ12.jpg2014サライ7.pngこの子どもたちが、地域の力強いリーダーとなることを、町のみんなが願っています。

-参加した子どもたちは-
「ちょっとだけ難しいところもあったけど、自分でつくれて、うれしかった」
「ふだんは友だちともゲーム機で遊んでいるけど、今日は友だちと一緒に工作できて楽しかった」
「また、参加したい」と、じつにいい表情。

-仮設住宅で暮らすお母さんは-
「今日は子供たち3人を連れて参加しました。二部屋しかない仮設暮らしで、子供たちも息詰まる思いをしていると思い、
新しい体験をさせてあげたかったんですが、手を動かしていたら私の方が、なんだか心が癒やされました」。

そんなみんなの様子に目を細めながら、渡辺さんは言います。
「これまで、全国のいろんな方が応援くださいました。いまも支援くださっています。
でも、これからは、自分たち自身の足を強くして立たなきゃいかんと思うんです。私たち、前を向かないわけにいかんのですから。
この子供たちが地域のリーダーとして力強く羽ばたくことを、町のみんなが願っています」。

《関連サイト》

パナソニックのお店
パナソニックキッズスクール

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 岡崎市羽根小学校で開催しました

KWN2013.png



羽根集合jpg.jpg

2014年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。ワークショップの模様をレポートいたします。

羽根学校.jpg■日 時:9/30(火)9:00~11:30 
■参加者:岡崎市立羽根小学校/児童38名、教員2名
■講 師:近畿教映 カメラマン清野さん、小松さん 大澤さん  

本年度、新規の参加校である愛知県岡崎市立羽根小学校。元気いっぱいの4年生の児童たちがワークショップに参加してくれました。

羽根1.jpgはじめに、教室で座学をスタート。講師の清野さんが用意した絵コンテなどの資料を見ながら、映像作品づくりの基本的な流れや役割についてレクチャー。みんな集中して清野さんの話を聞いていました。初めて見る資料や機材に、テンションも上がってました。

羽根3.png

座学が終わり、一通りの撮影の流れをみんなの前で実演です。インタビューを受けるのは、このクラスの担任の先生です。学生時代に取り組んだソフトボールについて語ってくれました。実演が終わると、児童のみんなから先生に大拍手。

羽根2.pngそして、いよいよ、実際に機材に触れて撮影に挑戦です。人数が多いので、2グループに分かれて行いました。みんな、興味津々で、カメラの周りに大集合です。

羽根4.png監督にカメラマン、音声にインタビュアーなど。みんな、やりたいポジションを順番で挑戦。みんな笑顔で本当に楽しそうでした。最後は、子どもたちのチカラだけで撮影できるようになりましたね。

- 参加した先生-
子供たちは、カメラマン、音声、現場監督、AD、インタビュアーなど様々な仕事の体験をすることができました。実際に機材に触れた時には、子供たちの驚きの表情や輝く笑顔を見ることができました。教師としてこれほどうれしいことはありません。今後の活動につなげていけそうです。今日は一日ありがとうございました。

羽根小の皆さん、作品づくり頑張ってくださいね。どんなテーマで撮影するのかな?
楽しみに待っています!!

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール

日本:第22回 Panasonic杯 「少年野球大会」 を開催~パナソニックAVC社仙台工場

キッズスクールロゴ.jpg

2014野球優勝TOP.jpg9月27日(土)、宮城県名取市にあるAVC社仙台工場グランドで、地元の小学生を対象とした「少年野球大会」を開催しました。

野球を通じて、地域少年の健全な育成・交流、地域貢献活動の一環として「夢を広げる」という趣旨のもとに、名取市教育委員会や名取市少年野球育成会のご支援をいただき、PAVC労働組合仙台支部、仙台工場 労使が一体となり運営し、今年で22回目の開催となりました。

3年半前の東日本大震災で地域のグランドが減少している中、仙台工場では地元の小学生野球チームやサッカーチームにグランドを提供し、復興支援活動も行っています。

2014①.png大会当日は秋晴れの中、11チーム 191名の子供達が参加しました。
開会式には仙台工場より流田チームリーダー、労働組合仙台支部 清野副委員長をはじめ労使代表者が出席し挨拶しました。

2014②.png昨年度優勝チーム「ゆりが丘フェニックス主将 平松選手」より「大好きな野球を大切なこのメンバーで試合が出来ることの喜びを感じます。日頃の練習の成果を発揮し、正々堂々戦うことを誓います」と元気いっぱいの選手宣誓を行いました。
甚大な被害を受けた大震災を経験した子ども達故に、強く感じる思いであろうと痛感し、また子ども達の強さ・たくましさに感動した選手宣誓でした。

試合ではみんな声を出し合い、元気にプレーしてくれました。


★結 果
  2014優勝.png                           優 勝  ゆりが丘フェニックス(2連覇達成)


2014準優勝.png                              準優勝 不二小野球スポーツ少年団


20143位.png                                第3位  下増田ブラックホークス


閉会式では表彰を行い、賞状やトロフィー、メダルが授与されました。
その後、最優秀選手賞、優秀選手賞、殊勲賞など個人表彰を行い、子供達やご父兄からも歓声があがっていました。

《関連サイト》

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース

きっと わらえる 2021

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 福岡市那珂中学校で開催しました

KWN2013.png

那珂中学集合.jpg

2014年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。ワークショップの模様をレポートいたします。

那珂中学校学校.jpg


■日 時:9/27(土)9:00~12:30
■参加者:福岡市那珂中学校 放送部/生徒8名、教員1名
■講 師:近畿教映 ディレクター&カメラマン 清野正久さん/パナソニック 熊沢

那珂中学①.png初参加の福岡市立那珂中学校 放送部8人の生徒さんがワークショップに参加してくれました。
前半は、映像制作の流れについて、テーマ設定→構成→調査→取材→シナリオ作成→撮影取材 →編集までの流れと役割についてお話を聞きました。

那珂中学2.png

そして作品のテーマを考えました。生徒はそれぞれポストイットに自分の考えたテーマを記入し、黒板に張り出します。社会問題、学生生活の身近な問題、未来のこと・・いろんなテーマが出tてきました。皆で話し合い2014年度の制作テーマが決定しました!!

那珂中学③.png次は撮影を体験。先ずはカメラ操作を教えてもらいました。音声の仕事の面白さも体験。機材関連の中心は1年生。熱心に話を聴いていましたよ。そして、実際に撮影の流れを体験しました。カチンコが入ると一気にテンションが上がりますね。
実技体験の後は、入賞校の作品をもう一度見て復習し、インタビューのコツや、シナリオ作成の流れのお話を聞きワークショップは終了しました。
那珂中学校の作品テーマ・・・。残念ながら皆さんにはまだお教えできませんが今から完成が楽しみです。


那珂中学清野さん.jpg-講師 清野さんの感想-
初参加とは思えないくらい積極的に取り組んでくれていた。 

自分達の役割が見えてくるとその先の事を考え、前向きな姿が印象的でした。
今後は、自分達の役割分担をはっきりさせ、自覚して制作を進めていってください。

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 沖縄県昭和薬科大学付属中学校で開催しました

KWN2013.png

昭和薬科集合.jpg

2014年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。ワークショップの模様をレポートいたします。

昭和薬科学校.jpg


■日 時:9/1(月)16:00~18:45 
■参加者:沖縄県昭和薬科大学付属中学校/生徒10名、教員1名
■講 師:映像作家 井手 広法さん/アシスタント 島仲 こすもさん

昭和薬科1.jpg

本年度、新規の参加校である沖縄県昭和薬科大学付属中学校。アートぷ(部)に在籍している個性派ぞろいの元気な女子生徒達がワークショップに参加してくれました。


昭和薬科2.png最初はおっかなびっくりで、神妙な面持ちで参加していた生徒さん達でしたが、全体の流れを伝え、スタッフの役割分担と、その意味について話し、実際に参加していくと、その目は好奇心に満ち、キラキラ光りだしました。

今回は撮影を井手さん、脚本を島仲さんの2班体制でのぞみました。

昭和薬科3.pngプロットはかなりしっかりとしたものができていたので、登場人物の深め方や、ある程度定まった物語のパターンの中で、どのように人の心を動かすストーリーに仕上げて行くか等を話しました。また、台詞に関しては、実際に考えて書いてもらいながら、よりリアルな台詞に仕上げて行く練習をしました。
これまでのドキュメンタリーやニュース形式とは違う、ドラマの手法を使ってのワークショップだったので、カメラアングルや演技の付け方や、編集のコツまで行い、とても濃い内容の3時間となりました。

みんな集中力を切らさず、後半は講師が手を出さなくても、自分たちでまわせるようになりました。
ワークショップが終わって、全員で記念撮影。本当にお疲れ様でした。

《参加者の感想》
-参加した生徒-
ドラマの撮影方法など分かってよかった。脚本の落とし所が少し理解できた。

― 参加した先生-
分からない事も分からない生徒たちが、理解して身体が動いていくのをみるが嬉しいです。これから生徒たちも頑張ると思います。


皆さん、ステキなドラマが完成するのを、楽しみに待っています!!
頑張ってくださいね!!

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ