Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ

英語ブログ

RSSフィード

第16回東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~岩手県大船渡市立吉浜中学校で開催~part2

キッズスクールロゴ.jpgきっとわらえる新ロゴ.jpg







東日本大震災で被災した子ども達を対象とした東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を、3月10日(金)に岩手県大船渡市立吉浜中学校で実施しました。
「きっと わらえる
2021」は、こども達の映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース」のノウハウを活用し、映像制作を通じて子ども達に笑顔と元気を取り戻してもらおうとするプログラムです。
今回は、一般財団法人 CLASSIC FOR JAPANのプロジェクトである「TSUNAMI ヴァイオリン」とのコラボレーション特別プログラムの様子をご紹介します。

◇ 日程 : 2017310(金)13301600 
◇ 場所 : 岩手県大船渡市立吉浜
中学校
◇ 参加人数 : 全校生徒
30(1年生10名、2年生10名、3年生10)
スタッフ 【TSUNAMI ヴァイオリン関係者中澤宗幸、中澤きみ子、中澤創太、山形明朗、山本賢秀
        【パナソニック関係者】福田、乾、大島、藤井、斎藤
        【全体管理・事務局担当】熊沢、横尾
        【チャンネルパナソニックキッズレポート関係者】今井、鈴木、増田、荒木
        【まるわかりガイドブック取材関係者】室井、四宮            (敬称略)
◇その他:メディア各社
                                            

y3.png

東日本大震災から明日で6年を迎えようとしていた2017年310()

岩手県大船渡市にある、大船渡市立吉浜中学校の体育館では「きっと わらえる 2021」×「TSUNAMI ヴァイオリン」とのコラボレーションプログラムの準備が進められていました。
グラウンドでは、今回のプログラムをレポートしてくれるキッズレポーターの3年生4名が撮影を行っていました。

今回は、一般財団法人 CLASSIC FOR JAPANより、ヴァイオリンドクターの中澤宗幸さん、ヴァイオリニストの中澤きみ子さん、中澤創太さん、ピアニストの山形明朗さんをお招きし、講演会・演奏会、そして224()に1、2年生で撮影を行った「今、つたえたいこと」の上映会が行われます。

y4.png13時30分、体育館には、吉浜中学校の全校生徒、メディア各社が集まってくださいました。
初めに、吉浜中学校の副校長である阿部哲也先生よりご挨拶をいただき、続いてパナソニック熊沢さんが開会の挨拶をし、プログラムがスタートしました。

y5.png今回、特別授業の講師として弦楽器製作及び修復家、一般財団法人 CLASSIC FOR JAPANの代表理事である、中澤宗幸さんの講演が行われました。「夢を持つことの大切さ~ヴァイオリンを通して~」と題し、TSUNAMI ヴァイオリンが製作された経緯をDVDで鑑賞、ヴァイオリンの構造を実際の部品を用いて説明。奇跡の一本松がTSUNAMI ヴァイオリンの魂柱(表板と裏板を直接つなげる唯一の棒)に使われていることなどお話していただきました。

公演中、興味津々に、そして恐る恐るヴァイオリンに触れていた生徒たちの姿がとても印象的でした。

y6.png

に行われた演奏会では、ヴァイオリニストの中澤きみ子さんが、TSUNAMIァイオリンを生徒たちの目の前で、ヴィヴァルディの四季より「春」第一楽章や、ハーラインの「星に願いを」などの親しみのある曲目を実際に演奏してくださいました。

初めて生でヴァイオリンの演奏を聴くという生徒たちが大半で、生徒たちは、迫力に圧倒されながらも真剣にTSUNAMI ヴァイオリンの音色に聴き入っていました。
演奏会の最後には、「花は咲く」をヴァイオリンとピアノの演奏に合わせ、全校生徒で合唱を行いました。

y7.pngさて、プログラムもいよいよ終盤です。続いて、2月24日(金)に1、2年生が撮影した「今、つたえたいこと」の上映会が行われました。


上映が始まると、生徒たちは、スクリーンに映る友人や自分の姿を、時折笑顔で、そして真剣な眼差しで見つめていました。映像を通し「東日本大震災」を決して忘れないこと、先人たちが守り続けてきた教えを未来へ伝えていくことを改めて確認していました。

y8.png

上映会を終え、同じく24日に撮影した10年後の自分に向けた「未来へのメッセージ」が収録されたSDカード入りの「映像タイムカプセル」の進呈式が行われました。
特別授業講師の中澤宗幸さんより、吉浜中学校の代表生徒(道下朱里さん)へ進呈されました。
是非、10年後に皆さんで集まって映像を楽しんで貰いたいですね!

y9.png

続いて、吉浜中学校校長の村上俊明先生よりプログラムの感想をいただきました。
最後に、パナソニック福田部長が閉会の挨拶をし、今回予定していたプログラムは全て終了となりました。

y10.png閉会式の最後には、なんと、スタッフへ生徒さん手書きの大漁旗と、津波演劇のDVDが贈呈されました。
吉浜中学校の皆さん、ありがとうございました!


y11.png閉会後、全員で記念撮影をしました。

《関連サイト》

「きっと わらえる 2021」

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース日本

CLASSIC FOR JAPAN

第16回東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~岩手県大船渡市立吉浜中学校で開催~part1

キッズスクールロゴ.jpgきっとわらえる新ロゴ.jpg







yoshihama_01.jpg

東日本大震災で被災した子ども達を対象とした東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を、224日に岩手県大船渡市立吉浜中学校で実施しました。今回で22校目の開催となりました。「きっと わらえる 2021」は、こども達の映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース」のノウハウを活用し、映像制作を通じて子ども達に笑顔と元気を取り戻してもらおうとするプログラムです。撮影は、学年ごとのグループに分かれて行われ、支援に対する「感謝の言葉」や「復興への想い」「故郷への想い」をしっかりメッセージで伝えてくれました。

今回は「TSUNAMI ヴァイオリン」とのコラボレーション特別プログラムのため、映像制作ワークショップのみ行われました。制作した映像は310()に同校体育館にて上映を予定しています。

◇ 日程 : 2017年2月24日(金)10:40~14:00 
◇ 場所 : 岩手県大船渡市立吉浜中学校
◇ 参加人数 : 20名(1年生10名、2年生10名)
◇ スタッフ :【撮影講師】 井手、今井  
        【パナソニック サポートスタッフ】松本、古本 
        【全体管理・事務局担当】熊沢、横尾 【撮影アシスタント】荒木(敬称略)


yoshihama_02.png

1040分に体育館にて、1年生10名、2年生10名とスタッフが対面。子ども達は少し緊張気味です。
まずは、映像講師とサポートするメンバーの紹介をしました。
それぞれのグループに分かれていよいよ本格的な機材を使っての撮影が始まります。今回も「今、つたえたいこと」「未来へのメッセージ」の2本を制作します。両グループ、思い思いの撮影場所へ移動開始です。

yoshihama_03.png

講師の今井さんと2年生グループは、図書室のテラスにて「今、つたえたいこと」の撮影を開始しました。
最初は緊張していたようですが、テイクを重ねるごとに緊張もほぐれ、皆さん良い表情に・・・

yoshihama_04.png

講師の井手さん1年生グループは、校門前にて「今、つたえたいこと」の撮影を開始しました。突然の吹雪で原稿が飛ばされてしまうアクシデントもありました。

yoshihama_05.png続いて、今井さんと2年生グループは「未来へのメッセージ」の撮影へグラウンドへ移動しました。校舎をバックに、一人ひとり未来の自分へメッセージを残していきます。
カメラの前で緊張している友達の表情を和らげようと、みんなで声を出し雰囲気を盛り上げていました。仲の良さが伝わってきました。

yoshihama_06.png

井手さんと1年生グループは「未来へのメッセージ」の撮影のた教室へ移動しました。
将来なりたい職業の服装や、タブレットでの説明などとても個性溢れる演出が見られました。

yoshihama_07.png
午前中の撮影が終了し、給食タイムです。スタッフも生徒たちと一緒に給食をいただきました。
学校のことや地域のこと、たくさんお話を聞かせてくれました。とても楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。

給食後、「未来へのメッセージ」へ収録する、吉中ソーランを1、2年生全員で披露してくださいました。
息のあった踊りと、力強い太鼓のリズムに圧倒されました。大漁旗の半纏も素敵でした!

閉会の挨拶が行われ、全員で記念撮影を行い、すべてのプログラムが終了となりました。吉浜中学校の皆さん、本当にお疲れ様でした。
3月10日にまたお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております!


《関連サイト》

「きっと わらえる 2021」

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース日本

日本:インドネシアの防災課題を解決するビジネスアイデアを考える、1デイワークショップを開催

image1.jpg

2月25日(土)、当社のオープンイノベーションハブ「Wonder LAB Osaka」にて、第4回「パナソニックイノベーションワークショップ1DAY」を開催しました。これは、途上国の社会課題を学び、その課題をビジネスで解決するための新事業アイデアを生み出すためのワークショップです。今回も、NPO法人ミラツク様のコーディネートで、インドネシア現地からの講師を含む、3名のゲスト講師の方に来ていただきました。また、今回は初めて社外からも参加者を募り、社員12名、一般の方7名の合計19名で開催しました。

まず、さまざまな事業部から集まった社員と社外一般参加者が均等に混ざったグループをつくり、自己紹介を行いました。

image2.jpg

一人目のゲスト講師は、アンリミテッド・インドネシアのエグゼクティブ・ディレクターとして、アーリーステージの社会起業家や社会的事業者のインキュベーションに取り組んでおられる、Romy Cahyadiさんです。このワークショップのために来日してくださったRomyさんに、インドネシアの社会課題解決の取り組みについて、ふたつの事例をお話いただきました。

ひとつは違法伐採について取り組む環境NGOのtelapakという組織です。インドネシアでは森の近くに住む貧しい住民たちが勝手に木を切り、それを企業に販売して生計を立てているため、深刻な森林被害が進行していました。

そこでtelapakは切った木に一本ずつIDナンバーをつけるなど、FSC(森林管理協議会)の国際ルールを当てはめて、より高い値段で売れるような仕組みを住民コミュニティに提案することで違法伐採を減らしていきました。

もうひとつご紹介いただいたのは母子の健康に取り組むDu'Anyamという組織です。インドネシアでは毎日出産のために42人の妊婦が命を落としています。その背景には農村部の女性の大半が医療費を払うお金がないことや、妊娠中も重労働の農作業を手伝わなければいけない現状があります。

そこでDu'Anyamは女性たちの間で日常に使われているパルミラヤシの葉を使ったハンドクラフト製品をより広い市場で販売しようと考え、1年かけて品質を向上させ、生産量を安定させ、バリ島のホテルにBtoBでアプローチしていきました。その結果、農村部の女性たちの収入が増え、出産に対する危険度も減りました。

このように、まだまだ深刻な社会課題があふれるインドネシアでは、日本では一般的な自然災害の知識習得や防災訓練なども、まだまだゼロからの啓発が必要であるのが現状だそうです。

image3.jpg

続いて二人目のゲストである今井武さんからお話をいただきました。
今井さんは、本田技研工業株式会社ご勤務中の東日本大震災時に、被災地の通行可能な道路を示す「通行実績情報マップ」を制作されました方です。

今井さんはこのご経験から、本田技研工業を定年退職した後、日本で初めてのモビリティ向けデジタルラジオ放送局「amanekチャンネル」を立ち上げられました。この放送局を使った地域活性化プロジェクトや高齢者へのアプローチについてもご紹介くださいました。

image4.jpg

午後からは新興国での事業立ち上げに携わる一般社団法人「re:terra」の渡辺さやかさんにもご参加いただき、ゲストのおふたりの質疑応答を中心に、1万3466以上の島で構成されたインドネシアの物流問題や、自然災害における平時と有事の取り組みなど、さまざまなテーマでお話いただきました。

以上の情報とミラツクの西村勇也さんによるソーシャルビジネスの話題を元に、15字以内で表現できる事業コンセプトを考えるために、二人一組でお互いにインタビューをし、個人の問題意識を掘り下げていきました。

image5.jpg

そして、その課題解決に活用できる各自が所属する組織がもつリソースを考え、マトリクスを埋めるようにさまざまなアイデアを出していきました。

【発表された事業コンセプト/アイデア】

・誰もが心豊かに移動できる交通インフラ/心身の状態を把握できるセンサーを使い、クルマでの移動時のイライラ状態を解消する

・生活に溶け込んだ防災プログラム/漁船にセンサーを搭載し、波の高さを検知。防災への取り組みを持続するためのSNSをつくり、避難訓練で婚活イベント。

・有事のときに人災を減らす、普段から役に立つサービス/普段はお仕事を手伝うロボットが、有事のときに瓦礫を運ぶ。通信でつなぎ、遠方からもカウンセラーに相談できる。

また、今回初めて外部の企業の方々にもご参加いただきましたが、その参加者の皆様からは、

・多様な人との出会い・議論の場があり、単純に楽しい。知的好奇心をくすぐられる内容が多かった。また、1つのテーマについてさまざまな意見をそのバックグラウンドから聞けた点。適切なタイミングで自分を振り返ることができた点が良かった。

・インドネシア×防災の情報インプット、「社会起業家」「新規事業」等に関心のある方との出会いが得られた。また、テーマに関する理解を深めること、コラボレーション等の可能性を見つけられたことが良かった。

など、東南アジアの社会課題についてビジネスによる解決を考える場としての価値に加えて、異業種による協働やコラボレーションの価値を感じていただけた一日になりました。
社外参加という初の試みは、参加社員にとっても、「他社の方から大いに刺激を受けた」、「社内外に新しいネットワークができた」、「日ごろの業務では得られない視点やアイデアが得られた」と大講評でした。

パナソニックは、今後も同様のイベント開催を通じて、社会課題解決に向けたオープンイノベーションを推進していきます。

【フィリピン】ソーラーランタンをフィリピンで活動する14団体へ寄贈

ソーラーランタン10万台プロジェクトの一環として、2017年2月14日、フィリピンで活動する14団体に、合計3900台のソーラーランタンを寄贈しました。

同国への寄贈は今回で4回目となり、累計での寄贈台数は9714台となりました。

寄贈式典後には、現地で活動する団体の皆様と現在の社会課題などについて情報交換ができ、今後の活動の参考にしてまいります。

日本:大阪府 淀川・庭窪ワンド保全活動 ~エコリレージャパン連携推進~

ECORERAY_Logo.RGB.jpg2017年2月19日(日)、大阪府守口市庭窪ワンドで清掃活動を行いました。

パナソニックグループ各社、パナソニックグループ労働組合連合会、パナソニック松愛会 守口門真支部のメンバーとその家族、近隣の企業、大学、一般市民を含め、総勢40名が参加しました。

img_13.jpg

img_3.jpg

当日は、淀川水系一斉美化アクションとして、淀川右岸左岸の13ヶ所で一斉に清掃活動を行いました。

※ 主催:国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所 淀川河川レンジャー

※ 協力:淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク(通称:イタセンネット)

※ 参考:淀川河川レンジャーとは?      イタセンネットとは?

img_14.jpg

エコリレージャパンは、国内の会社、組合、定年退職者OB会が 「ワンパナソニック」となり、地域社会と共に環境保全活動を積極的に行い、持続可能な社会への貢献を目指しています。 その目的を達成するため「森林」「緑地」「水」を中心とした生物多様性、里山保全につながる活動、自然教育活動などを行い、温暖化の防止やライフスタイルを見直す意識啓発に取り組んでいます。エコリレー活動の推進にあたっては、各地域事業場、組合、OB支部が主体的に行い、エコリレージャパン事務局は、特徴ある活動に対し、支援を行っています。

パナソニック エコリレー ジャパン HP

活動の様子(ブログ参照)


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ