Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ

英語ブログ

RSSフィード

日本:組織基盤強化ワークショップを福岡で開催

WS2015福岡表紙.jpg2015年4月29日に、福岡でNPO/NGOの組織基盤強化のためのワークショップを開催しました。
組織基盤強化ワークショップは、NPOの組織基盤強化を応援する「Panasonic NPOサポート ファンド」の公募時期に、組織基盤強化の重要性を理解いただこうと、今年は全国6ヶ所で開催します。
今年2回目となる福岡会場は、ふくおかNPOセンター、日本NPOセンター、パナソニックの三者協働で実施し、福岡近郊のNPOスタッフ35名が参加しました。

WS2015福岡 縦3.pngワークショップは、「学ぶ」「知る」「考える」の3部構成です。
まず初めに、なぜNPOに組織基盤強化が必要なのか、組織基盤強化の意味と意義について日本NPOセンターの代表理事である早瀬 昇氏より講演いただきました。

続いて、実際に組織基盤強化に取り組んだ事例として、2団体が発表しました。
1団体目は、「NPO法人そだちのひろばちいさいおうち 認定こども園 ちいさいおうち共同保育園」の芳賀陽子さんです。
芳賀さんからは、「2年をかけて組織診断、組織基盤強化に取り組み、組織名も変更しました。保育のみでなく、NPO法人としての新たな事業を持ち、子育ち・親育ちの拠点として持続可能な組織への転換期となる土台づくりの2年でした」と、NPOサポートファンドの助成を受けて実施した取り組みについて発表いただきました。

2団体目の発表は、「NPO法人 循環生活研究所」のたいら由以子さんです。

暮らしに必要なものが地域で循環し、豊かで安全で創造的な生活を実現するための活動に向けて、人を育て、教育機関とも連携をはかりながら取り組まれている事例を紹介いただきました。

組織基盤強化についての学びを深めた後で、自団体の組織課題を深掘りするワークショップを行いました。
ワークショップでは、組織課題を数点挙げて、その中からさらに課題に対して「なぜ?」「なぜ?」の問いをグループで行い、本質的な課題を意識していただきました。
お互いに質問しあうことで、他団体の課題も自分のこととして引き寄せ、理解・共感が深まります。
そして最後に各グループで話し合った内容を全体で共有しました。

WS2015福岡 模様.pngワークショップの最後は、現在公募中のNPOサポートファンドについての紹介です。
WS2015福岡 東郷さん.jpg2015年募集の助成テーマは「客観的な視点を取り入れた組織基盤の強化」です。
パナソニックの企業市民活動の重点分野である「環境」「次世代育成支援」分野を対象に、国内で先進的な取り組みを展開するNPOや、新興国・途上国で活動するNGOが第三者の多様で客観的な視点を取り入れて、組織の優先課題を抽出し解決の方向性を見出す「組織診断」から応援します。また、組織運営上の課題を解決する「組織基盤強化」も応援します。

2015年募集事業の詳細はこちら

■ワークショップに参加して■
・組織についてスタッフ間で話し合いの場が必要だと感じました
・自分達の組織課題について改めて認識することができました
・組織基盤強化のスタートは、ビジョンの確認であることを再認識しました
・活動分野の違う他団体の方と組織についての意見交換できたことは学びが大きかったです

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年度の組織基盤強化ワークショップは、福岡の他、東京(4/18)、岡山(5/9)、北海道(6/1)、大阪(6/4)、福島(6/14)で開催します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<関連情報>
パナソニックのNPO組織基盤強化支援

日本:「NPOマーケティング プログラム 2015」第1回研修会を開催

マーケティングプログラム遠景1.jpg5月10日(土)にパナソニックと特定非営利活動法人NPOサポートセンター、多摩大学総合研究所による「NPOマーケティング プログラム」の第1回研修会を開催し、参加7団体のスタッフや社会人コンサルタントなど45名が参加しました。

本プログラムは、パナソニックが展開するNPO/NGOの組織基盤強化支援の一環として、マーケティング力強化による支援者拡大・事業展開力の強化を目指しています。NPOにとってマーケティングは寄付や会員・ボランティアなどの支援を獲得するため、またサービス・アドボカシーなどを提供して対価を得るため、そして組織のミッションを達成するために大変重要な活動です。
約7ヶ月間にわたり、「研修」と「個別コンサルティング」の2段階で、マーケティング施策の実践を支援していきます。その間、NPOへのマーケティング支援実績を持つビジネスパーソンが各団体に寄り添い、PDCAサイクルの高速化を応援します。

第1回目の本日は、まず、多摩大学総合研究所 松本祐一教授からマーケティングの基礎について講義をいただき、「マーケティングの定義」「NPOにとってのマーケティングの必要性」、そして「マーケティングの枠組みとプロセス」などについて学びました。

講義の後、ケーススタディとして、昨年本プログラムに参加したNPO法人JASH日本性の健康協会より、「保健室サポート事業&語り手サポート事業」のマーケティング活動についてお話いただきました。

「本プログラムにマーケティングプログラム ケーススタディ.jpg参加したことで、自分たちの存在意義を考えさせられ、当事者の声を届けられるということが自団体の一番の価値であり、その声を届ける相手がそれぞれ異なるということがわかるとともに、団体の組織体制を構築して強化することができた」と成果を披露され、参加者からたくさんの質問を受けていただきました。

午後からは、「外部環境」「内部環境」「顧客の絞込みと顧客価値の発見」などについての講義の後、参加団体ごとにグループワークを行いました。

マーケティングプログラム グループワーク.png グループワークでは、各団体の担当コンサルタントがファシリテーターとして参加しました。自団体を取り巻く環境についてお互いに意見を出し合い、グルーピングして模造紙に可視化していきます。

講義で学んだ考え方や視点を念頭におくことで思考が広がり、「社会的な変化は?」「経済環境は?」「それは顧客からの視点?」「この顧客は、何から情報を得ているのか?」などさまざまな声が会場内に飛び交いました。生き生きとした話し合いが行われ、模造紙は付箋でいっぱいになっていきます。

マーケティングプログラム 発表3G.png

模造紙にまとめた結果をそれぞれが発表し合って、さらに意見交換を行いました。「顧客にはどのようなメリットがあるのか」などさまざまな視点からの質問や意見が出ました。

その後、松本先生から講評があり、次回の研修までに「複数の顧客像を設定する」という課題が与えられました。各団体は、コンサルタントとの二人三脚でゴール目指して7ヶ月間を走り抜けます。

マーケティング 集合 笑顔.jpgNPOマーケティング プログラム

東北 大船渡のパナソニックのお店でハイブリッドカー工作教室開催

2015年3月24日 岩手県 大船渡市のパナソニックのお店 古内電器商会でパナソニックキッズスクールの1つ ハイブリッドカー工作教室を開催しました。
イベント全体.jpg
古内電器商会では2011年3月11日以降、被災した町の方々に少しでも明るい気持ちになってもらいたいとの思いで、お店でできるパン作りやフラワーアレンジメントの教室など様々な集いを実施してきました。
今回は春休みの子どもたちにも元気になってもらいたいとのお店の方の熱い思いから企画がスタートしました。
お店ご主人ご夫妻.jpg


日本:ビジネススキルを活かしたNPO支援「プロボノ プログラム」2015年度の説明会を開催

プロボノ説明会 東郷さん 説明 座  遠景.jpgパナソニックは2011年より社員のビジネススキルや経験を活かしてNPOを支援する社会貢献活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」を実施しています。4月24日(金)に今年度の参加者を募る社員向け説明会を大阪で開催しました。

「プロボノ」とは、ラテン語の「公共善のために(PRO Bono Publico)」に由来する言葉で、専門的な経験を活かしたボランティア活動を意味します。

本プログラムは、社員が5名~6名のチームを組み、それぞれの仕事で培ったスキルや経験を活かしてNPOの運営改善を支援するものです。社会課題の解決に取り組むNPOの事業展開力の強化を応援し、NPOの活動がさらに大きな成果をあげることそして、NPO支援を通じた「社員のイノベーションマインドの向上」を目指しています。

プロボノ説明会 堀さん 説明 座.jpg説明会では、日本でプロボノによるNPO支援を展開し、本プログラムの協働パートナーである特定非営利法人サービスグラントの堀久仁子氏より、「プロボノの概念や社会的背景」「プロジェクトの仕組み・進め方」「チームメンバーの役割」などの基礎的な内容について説明がありました。

その後、パナソニックの担当者が本プログラムの狙いや特徴、実績、2015年度の取り組みについて紹介しました。
パナソニックでは、115名がボランティア登録をし、82名(延べ99名)がプロボノとして活躍しています。これまでにNPOの助成プログラムである「Panasonic NPOサポート ファンド」で支援したNPOを中心に、被災地のNPOを含め、15団体を支援してきました。事業計画立案やウェブサイトの再構築、マーケティング基礎調査、営業資料の作成をおよそ5ヶ月~8ヶ月のスパンで応援します。

プロボノ424 グループワーク.png説明会の最後は、3つのグループに別れ、2014年までにプロボノとして活躍した7名の方から参加のきっかけや活動内容、工夫した点、感想などを伺いました。参加者からのさまざまな質問を受け、「仕事が忙しくなるなど進行するにあたっての課題が出てきたときも、チームのメンバーで前向きに助け合いながら進めていけた」など経験談を披露いただきました。

本年度は、4団体を支援する予定です。


▼[事例レポート]日本初!環境NGO「気候ネットワーク」に事業計画立案を支援

▼[事例レポート]被災地NPOの営業資料作成を支援

▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム

▼Panasonic NPOサポート ファンド

日本:須磨海岸クリーンアップ活動  ~エコリレージャパン連携推進~

エコリレー.png

2015須磨集合.jpg

2015年4月19日(日)、兵庫県須磨海岸にて「2015春・ビーチクリーンアップin須磨」が開催されました。

主催「クリーンアップ関西事務局」

兵庫パナソニックファミリー会、パナソニックグループ労働組合連合会 兵庫地区連合会 加盟組織のメンバーとその家族、総勢90名が参加しました。

この活動は、毎年春には日本全国で、秋には世界中で一斉に実施される、環境保護キャンペーンです。日本では、1990年からはじまり、今年で26年目です。
パナソニックグループとしては、1999年春から参加しています。
この活動は、海岸のゴミを集めながら「どんなものが、どれだけあったか」を調べることが特徴です。人間の病気は、お医者さんが診断して治療を考えます。ゴミ問題もこれと同じです。ただ「ゴミが多い」だけではなく、浜辺の病状を診断して、効果的な治療方法をみんなで考える。これまでにも多くのことが明らかになり、ゴミ問題の改善に役立っています。今後も継続参加して行きたいと考えています。

参考 一般社団法人 JEAN 

2015須磨集合2.jpg今回は、活動準備中に雨天であったため調査分析は無しとなり、ゴミ拾いのみ実施。
詳細報告は、HPで公開

2015年須磨ビーチクリーン.jpg2015春 ・ ビーチクリーンアップ in 須磨
ブログ参照

《関連サイト》
クリーンアップ関西事務局
一般社団法人 JEAN 
エコリレージャパン


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ