Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 > パナソニック企業市民活動ブログ

英語ブログ

RSSフィード

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 東京電機大学中学校で開催しました

KWN2013.png

東京電機大学集合写真.jpg

2014年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。ワークショップの模様をレポートいたします。

東京電機大学校舎.jpg■日 時:10/11(土)14:00~18:00
■参加者:東京電機大学中学校&高等学校 放送部/生徒9名、教員2名
■講 師:映像作家 井手 広法さん

KWN初参加の東京電機大学中学校 放送部7人の生徒たちがワークショップに参加してくれました。
さらに、中高一貫の学校ということもあり、今回は高校生2名も加わり実施となりました。高校生を交えてのワークショップは初の試み。講師の井手先生も気合が入っていました。

東京電機大学1.jpg

東京電機大学2.png

まず、最初に彼らの城である「放送室」を見学させてもらいました。懐かしい放送用の機材から、現在、講師の先生たちも使用しているプロ機材まで揃ってました。そして、編集用としてのPCにも、最新型の編集ソフトが用意されており、まさにここでプロも仕事ができそうな感じ!放送用という枠を超えた「スタジオ」として存在していたのにはびっくりしました。

東京電機大学3.png

14:00~15:00
いよいよワークショップが始まりました。生徒たちが昨年度制作した中学校ドキュメンタリー作品「OTL」と、高校生ドラマ「有危物」の作品を鑑賞し、その技術的な点、演出的な点について講評し、課題を提案し、それについて考える「映像クリニック」を実施。それぞれの課題点を書き出し、一つずつ解説すると、みんな真剣に聞いていました。

東京電機大学4.png

15:10~16:10
撮影の基本的な技術の講義、撮影における基本的な要素を伝えました。
1:ライティングの重要性、2:カメラポジションの重要性とその意味。これはみんな失敗してしまう主なところなので、しっかり時間をかけ、実演を行いながらみんなに伝えます。
休憩時間中も熱心に質問が飛び交いました。撮影の手法や、編集のやり方など、細かいところだけど、重要な部分についての疑問が生徒のみなさんからどんどん出てきます。井手先生も時間が経つのを忘れて夢中で答えていました。こういう時って時間がすぎるのがとても早いですね。

東京電機大学5.png

東京電機大学6.jpg16:20~17:00
演出(編集)と連動した撮影の方法と、イマジナリーラインの取り方についてレクチャーしました。撮影を行う際に、編集のことが頭に入っていると実はとても撮影に役立ちます。また撮影の時に重要なライティングについてもしっかりレクチャー。
光を補助する機材の中で「レフ板」というのがあるのですが、なんと生徒のみなさんが手作りで持ってきてくれました。
お金をかけなくてもこういう工夫で、撮影の技術をあげるやり方は結構あります。
そういう工夫についても事例を出していきながら進めました。
絵コンテの重要性についてもレクチャーしました。絵コンテって、イメージを明確化するだけでなく、実は撮影現場でものすごく役に立つんです。

東京電機大学7.png

17:00~18:00
編集についての大まかな原則と、その活用方法についてレクチャー。
編集はテンポをとても重要視します。そのテンポって何なのか?という話を実例をあげながら話を進めてくれました。
どんな演出にするか?の最終的なカタチは編集で作られます。そのトータル的なビジョンを持つことの重要性を生徒たちにしっかり説明。

東京電機大学8.jpg最後は質疑応答タイムです。
みんなが今後制作で迷わないような、間違えないようなヒントをたくさん井手先生から出していただきました。みんな真剣な表情で最後まで集中力を切らさずに聞いていたのが印象的でした。今後の制作活動に期待ですね。

《参加者の感想》
-参加した生徒-
・使用しているカメラの機能こと、ドラマのストーリや絵コンテのつくりかたなど、様々なことを教えていただき、本当にありがとうございました。
・今日学べたことで、今までよりも、いい作品が撮れると確信しました。インタビューや撮影に活かして、早く番組を作りたい気持ちでいっぱいです。

― 参加した指導者-
・生徒たちが、ひとつでも多く、改善点に気づいてくれたらと思います。新しい作品づくりに向けてしっかりと活かしてもらいたいと思います。

講師の井手先生も、生徒たちのレベルの高さに驚いていました。チームワークもバッチリ!皆さんのから作品、楽しみに待っています!!

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール

グローバル:キッド・ウィットネス・ニュース グローバルコンテスト2014        ~25周年大会をアメリカで開催~

  キッズスクールロゴ.jpg  KWN_logo.jpg  25周年ロゴマーク.png

20141015集合写真3.jpg

■グルーバルコンテスト2014表彰式
ニュージャージー州ニューアーク市の北米本社PNA(Panasonic Corporation of North America)で現地  時間10月16日17時より「キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)グローバルコンテスト2014」の表彰式を行い、ドイツのイマニュエルカント中学校の作品「つまずきの石」がグランプリに選ばれました。

《表彰式の動画》

日本語字幕の動画はコチラのサイトからご覧下さい。


ニューアーク市の北米本社PNA(Panasonic Corporation of North America)には、最終審査に残った7校の代表と関係者多数が集まり17時30分から表彰式がスタートしました。

1015表彰式入場.png各国代表が手を振ってレッドカーペットを入場しました。グランプリの他にベストコンセプト賞などの各部門賞が発表されました。

20141015司会者.png司会は、米国のテレビ、ラジオ、インターネットなどで活躍している報道ジャーナリストであるAdaora Udoji(アドーラ・ウドジ)さん。

    ドイツ⑤.jpg  ドイツチーム①.jpg

ドイツチーム③.jpg

グランプリを受賞したのは、イマニュアルカント中学校。第二次世界大戦時のドイツでのホロコーストの歴史を振り返るというシリアスなテーマを扱った作品です。歴史から学ばなければならないというメッセージと彼らが抱いた強い思いを表現しています。

日本チーム2.jpg

 日本総領事館相広報センター長.png 日本チーム①.jpg  勿来第一1.jpg

また、出場した福島県いわき市立勿来(なこそ)第一中学校は見事、「ベストウィットネス賞」を受賞しました。日本総領事館の相広報センター長からトロフィーが贈られました。表彰式に参加した 安島里恵さんは「取材を通していろんな人たちと知り合えた。取材させて頂いた方に高齢の方が多かったので戦争の話以外にもたくさんの話しが聞けて楽しかった。」と感想を語ってくれました。

ペニーさん.png25周年を記念して、KWNプログラムの発祥地であるアメリカで開催した表彰式では、米国で25年間KWNプログラムを推進しているペニー・ジョセフさん(Panasonic Corporation of North America(PNA)コーポレート部門 CSR担当副社長)は冒頭の挨拶で「作品全体の『品質』がこの25年間で大きく変わりました。世界が注目しているテーマを参加者が多く選択しています。子ども達が発信したメッセージを大人としてもしっかり受け止める努力が必要です。今までKWNに参加した人数が約170万人ですが、これは凄い数字です。そして今後は参加人数を更に増やしていきたいと思います。グローバル規模で子ども同士が友達になってほしいと願っています。

KWNではビデオ制作の他にも、学ぶ多くの事があります。例えば、チームワーク、リサーチ能力や読解力を子ども達に学んで頂きたいです。カメラを回すだけがビデオ制作ではありません。

パナソニックとしてもKWNのグローバル展開をもっと加速していきます。そして作品を通して、お互いの文化と世界の動きを学んで頂きたいと思います。お互いの文化を知る事によって世界平和に貢献し、作品を通じてメッセージを発信し続けてほしいです」と述べました。

テイラー2.png最後に講評として、ジョゼフ・テーラーさん(Panasonic Corporation of North America (PNA)会長兼CEO)が、「25年前にKWNを始めた時はこれだけ多くの国の子ども達に影響を与えるようなプログラムになると誰が想像したでしょうか。パナソニックはKWNを25年間提供をしていますが、プログラムは毎年進化しています。今年は今までの中で最高の年でした。私はKWNから感銘とインスピレーションを受けると同時に運営側としてモチベーションも更に上がりました。パナソニックは多くのプログラムを提供していますが、その中ででもKWNは特に誇りに思います。次の25年間に向けてKWNを発展させ更に若い世代に適切であるプログラムにしていきたいです。」と結びました。

受賞結果

受賞校1.png

 作品はコチラ                                ◇作品はコチラ

受賞校2.png

 ◇作品はコチラ                                ◇作品はコチラ

受賞校3.png

 ◇作品はコチラ                                ◇作品はコチラ

 受賞校4.png

◇作品はコチラ


KWNグローバルコンテストは、「環境」と「コミュニケーション」をテーマに5分以内のビデオ作品を募集し、各国・地域のコンテストで優勝した代表作品を集めた中からグローバル審査を実施しています。
テーマの選択、企画、撮影や編集など全て子ども達が実施。今年のKWNグローバルコンテストは世界23の国と地域から548校が参加しました。

《関連サイト》

結果リリース

KWNサイト
KWNスペシャルサイト
パナソニックキッズスクール
次世代育成支援活動

日本:パナソニックキッズスクール×東北のパナソニックの店@渡辺無線(宮城県気仙沼市)でキッズスクールを開催しました!

キッズスクールロゴ.jpg

2014サライ集合写真2.jpg

東北・気仙沼のでんきやさん渡辺無線が、パナソニックキッズスクールを開催しました。
こどもから大人まで、夢中になる時間を過ごしました。


いまなお延々と更地が続く、宮城県気仙沼の漁港近く。被災後もここで街のでんきやを営む渡辺無線さん。


パナソニックとのコラボにより、2014年9月13日、パナソニックキッズスクールを開催しました。
会場はお店に併設されている、町のコミュニティルーム"サライ"。
小学生たちにまじって小さなお子さんや、付き添いのお父さんお母さん、お祖父ちゃんお祖母ちゃんの姿も見られ、ハイブリッドカー工作LEDランタン工作の2つのワークショップが賑やかに行われました。

2014サライ会場②.jpg2014サライ101.png手を動かすのって、こんなに楽しい...!

午前中に行ったハイブリッドカー工作は、太陽電池とアルカリ電池の2つの動力で走るクルマを組み立てながら、環境とエネルギーについて楽しく学ぶもの。
2014サライ高橋さん2.jpg2014サライ4.png手を動かすのが早い子、遅い子もいますが、全員のクルマが完成すると、秋晴れのなか、さっそく専用コースで試走会。
自分のクルマが快調に走り出すと、子供たちは大興奮。
平らな道では太陽電池、坂道では乾電池へと切り替わりながら走るクルマに、目を輝かせていました。

午後は、LEDについて学びながら、切り紙細工やシールを思い思いに飾り付けて、LEDランタンを製作。
世界でひとつの照明づくりに、こどもたちばかりか大人たちも夢中になり、時がたつのも忘れるほど。
部屋の電気を消し、一斉にランタンを点灯すると、暗闇が色とりどりの美しさに染まり、みんなから歓声があがりました。

2014サライLED.jpg2014サライ6.png復興はまだまだ始まったばかりだけど、こどもたち、負けないで。

2014サライ 渡辺無線ご夫婦.jpgそもそも、なぜキッズスクールを開催したいと思ったのか、主催者の渡辺耕良さんと奥さまの真由美さんは語ります。

「震災後、僕たちは、モノをつくる復興も大事だけれど、子どもたちの心のケアを考えなきゃならんと思いましてね...」。
自らも被災された渡辺無線さんは店舗を再開すると、隣りの部屋に、町のみんなが集えるコミュニティルーム"サライ"を併設。
サライとは、ペルシャ語で"小さなオアシス"という意味だそうですが、子どもたちに勉強部屋として開放したり、さまざまな催しに使ってもらうようにしました。
「あれから4年目になりますが、正直、復興にはまだまだほど遠い。子どもたち、黙って耐えてはいますが、ストレスも相当たまっているはず。ともすれば閉じこもった気持ちになりそうな毎日に、何か新しい空気を入れたくて、キッズスクールの開催を思い立ちました。」

2014サライ12.jpg2014サライ7.pngこの子どもたちが、地域の力強いリーダーとなることを、町のみんなが願っています。

-参加した子どもたちは-
「ちょっとだけ難しいところもあったけど、自分でつくれて、うれしかった」
「ふだんは友だちともゲーム機で遊んでいるけど、今日は友だちと一緒に工作できて楽しかった」
「また、参加したい」と、じつにいい表情。

-仮設住宅で暮らすお母さんは-
「今日は子供たち3人を連れて参加しました。二部屋しかない仮設暮らしで、子供たちも息詰まる思いをしていると思い、
新しい体験をさせてあげたかったんですが、手を動かしていたら私の方が、なんだか心が癒やされました」。

そんなみんなの様子に目を細めながら、渡辺さんは言います。
「これまで、全国のいろんな方が応援くださいました。いまも支援くださっています。
でも、これからは、自分たち自身の足を強くして立たなきゃいかんと思うんです。私たち、前を向かないわけにいかんのですから。
この子供たちが地域のリーダーとして力強く羽ばたくことを、町のみんなが願っています」。

《関連サイト》

パナソニックのお店
パナソニックキッズスクール

日本:2014年度「キッド・ウィットネス・ニュース日本」ワークショップレポート 岡崎市羽根小学校で開催しました

KWN2013.png



羽根集合jpg.jpg

2014年度のキッド・ウィットネス・ニュース日本のワークショップがスタートしました。本年度は新規校を中心に10校~20校の実施を予定しています。ワークショップの模様をレポートいたします。

羽根学校.jpg■日 時:9/30(火)9:00~11:30 
■参加者:岡崎市立羽根小学校/児童38名、教員2名
■講 師:近畿教映 カメラマン清野さん、小松さん 大澤さん  

本年度、新規の参加校である愛知県岡崎市立羽根小学校。元気いっぱいの4年生の児童たちがワークショップに参加してくれました。

羽根1.jpgはじめに、教室で座学をスタート。講師の清野さんが用意した絵コンテなどの資料を見ながら、映像作品づくりの基本的な流れや役割についてレクチャー。みんな集中して清野さんの話を聞いていました。初めて見る資料や機材に、テンションも上がってました。

羽根3.png

座学が終わり、一通りの撮影の流れをみんなの前で実演です。インタビューを受けるのは、このクラスの担任の先生です。学生時代に取り組んだソフトボールについて語ってくれました。実演が終わると、児童のみんなから先生に大拍手。

羽根2.pngそして、いよいよ、実際に機材に触れて撮影に挑戦です。人数が多いので、2グループに分かれて行いました。みんな、興味津々で、カメラの周りに大集合です。

羽根4.png監督にカメラマン、音声にインタビュアーなど。みんな、やりたいポジションを順番で挑戦。みんな笑顔で本当に楽しそうでした。最後は、子どもたちのチカラだけで撮影できるようになりましたね。

- 参加した先生-
子供たちは、カメラマン、音声、現場監督、AD、インタビュアーなど様々な仕事の体験をすることができました。実際に機材に触れた時には、子供たちの驚きの表情や輝く笑顔を見ることができました。教師としてこれほどうれしいことはありません。今後の活動につなげていけそうです。今日は一日ありがとうございました。

羽根小の皆さん、作品づくり頑張ってくださいね。どんなテーマで撮影するのかな?
楽しみに待っています!!

《関連サイト》
KWN日本(キッド・ウイットネス・ニュース日本)
KWNグローバル(英語)
パナソニックキッズスクール

日本:第22回 Panasonic杯 「少年野球大会」 を開催~パナソニックAVC社仙台工場

キッズスクールロゴ.jpg

2014野球優勝TOP.jpg9月27日(土)、宮城県名取市にあるAVC社仙台工場グランドで、地元の小学生を対象とした「少年野球大会」を開催しました。

野球を通じて、地域少年の健全な育成・交流、地域貢献活動の一環として「夢を広げる」という趣旨のもとに、名取市教育委員会や名取市少年野球育成会のご支援をいただき、PAVC労働組合仙台支部、仙台工場 労使が一体となり運営し、今年で22回目の開催となりました。

3年半前の東日本大震災で地域のグランドが減少している中、仙台工場では地元の小学生野球チームやサッカーチームにグランドを提供し、復興支援活動も行っています。

2014①.png大会当日は秋晴れの中、11チーム 191名の子供達が参加しました。
開会式には仙台工場より流田チームリーダー、労働組合仙台支部 清野副委員長をはじめ労使代表者が出席し挨拶しました。

2014②.png昨年度優勝チーム「ゆりが丘フェニックス主将 平松選手」より「大好きな野球を大切なこのメンバーで試合が出来ることの喜びを感じます。日頃の練習の成果を発揮し、正々堂々戦うことを誓います」と元気いっぱいの選手宣誓を行いました。
甚大な被害を受けた大震災を経験した子ども達故に、強く感じる思いであろうと痛感し、また子ども達の強さ・たくましさに感動した選手宣誓でした。

試合ではみんな声を出し合い、元気にプレーしてくれました。


★結 果
  2014優勝.png                           優 勝  ゆりが丘フェニックス(2連覇達成)


2014準優勝.png                              準優勝 不二小野球スポーツ少年団


20143位.png                                第3位  下増田ブラックホークス


閉会式では表彰を行い、賞状やトロフィー、メダルが授与されました。
その後、最優秀選手賞、優秀選手賞、殊勲賞など個人表彰を行い、子供達やご父兄からも歓声があがっていました。

《関連サイト》

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース

きっと わらえる 2021


ページの先頭へ