イベント情報

やさしい科学技術セミナー~素数ゼミの謎:進化物語の科学~

北米には17年 または13年に一度の周期で大発生する素数ゼミ(周期ゼミ)と呼ばれるユニークなセミがいます。
なぜ、発生する周期が17・13という素数なのか、長年の生物学者の謎、その進化史を科学的思考と数理モデルから明らかにします。
またセミ採りの必殺技も公開します。

写真
蝉の標本

開催日:
2017年8月19日(土曜日)、20日(日曜日)
時間:
【第1回】11時00分~12時00分
【第2回】14時00分~15時00分
場所:
パナソニックセンター東京
対象:
小学校3年生~6年生
定員:
各回100名
講師:
吉村 仁先生
プロフィール:
静岡大学創造科学技術大学院 教授 工学部数理システム工学科・工学専攻(兼担)。
専門は数理生態学で、主に進化理論を研究している。1987年に発表した環境不確定性の論文が、進化理論研究の第一人者、英国のメイナード・スミスらが書いた「Nature」レビューに引用され欧米で一躍注目を集めた。一般書に、『素数ゼミの謎』(文藝春秋)、『17年と13年だけ大発生? 素数ゼミの秘密に迫る!』(ソフトバンク クリエイティブ)、など。
協力団体:
公益財団法人 国際科学技術財団

※このイベントは公益財団法人国際科学技術財団が科学技術のさらなる発展に貢献するために、一般の方々に向けて開催する活動の一部です。

写真
吉村 仁先生

  • 入場無料
  • 事前申込制

参加お申し込みはこちらから:別ウィンドウで開きます

イベント情報一覧