イベント情報

Active Learning Camp スペシャルワークショップ 大会を支える人 技術編

アスリートとともに、開発者たちも、2020年へ向けて挑戦しています。
最高の技術で、最高の感動を届けるために、商品開発にすべてを捧げる開発者、臼井ニ美男さんから「走れる義足」に挑戦したこと、メカニックとして同行したパラリンピックでのこと、完成したスポーツ義足をつけて走るアスリートたちを見て感じること。そんな体験をお話いただきます。

そして現在も選手として活躍中の村上清加さんに、義足のことをや臼井さんとの出会いについてもお話いただきます。

大会を支える人 技術編村上清加さん

大会を支える人 技術編臼井二美男さん

開催日:
2017年5月7日(日曜日)
時間:
13時00分~13時45分
場所:
パナソニックセンター東京 Active Learning Camp
定員:
30名
対象:
小学生から大人まで
講師:
臼井 二美男さん、村上 清加さん
プロフィール:
臼井 二美男(うすい ふみお)
1955年群馬県生まれ。義肢研究員・義肢装具士。大学中退後、8年間のフリーター生活を経て28歳で財団法人鉄道弘済会・東京身体障害者福祉センターに就職。以後、義肢装具士として義足製作に取り組む。
89年、通常の義足に加え、スポーツ義足の製作も開始。91年、切断障害者の陸上クラブ「ヘルス・エンジェルス」を創設、代表者として切断障害者に義足を装着してのスポーツを指導。やがてクラブメンバーの中から日本記録を出す選手も出現。2000年のシドニー、2004年のアテネパラリンピックには日本代表選手のメカニックとして同行する。
通常義足でもマタニティ義足やリアルコスメチック義足など、これまで誰も作らなかった義足を開発、発表。義足を必要としている人のために日々研究・開発・製作に尽力している。
  • 入場無料
  • 事前申込制

参加お申し込みはこちらから:別ウィンドウで開きます