« 2016年9月 | メイン

2016年10月 アーカイブ

2016年10月11日

<05>東京2020公認プログラム 特別企画展「文化のちから」

東京2020公認プログラム 文化のちから

オリンピック、パラリンピックのリオデジャネイロ大会が終わり、いよいよ2020年の東京大会に向けて、様々な日本・東京の魅力を発信する活動がスタートします。
この度、パナソニックセンター東京では、東京2020公認プログラムとして、特別企画展「文化のちから」を開催します。
長年、脈々と営まれてきたくらしの中で、人間らしく日々を豊かに暮らしていくための日本ならではの知恵・価値観が育まれてきました。
日本人独特の「美意識」とでもいうべき感性は、数ある世界の国の中でも特徴的な衣・食・住のスタイルや芸術文化、儀礼・儀式などを生み出しています。
特別企画展では、日本の娯楽や衣食住を、パナソニックの最新デジタル技術による演出でご紹介するとともに、「日本のものづくりの心」についてパナソニック創業者である松下幸之助の想いにも迫ります。
本物の伝統工芸品が語る深みと最新のデジタル技術で見せる日本の美。
ぜひこの機会に、パナソニックが贈る新たな文化芸術をご体験ください。

開催日:
2016年10月18日(火曜日)~12月4日(日曜日) ※月曜休館
時間:
10時00分~18時00分 ※最終入場 17時45分
場所:
パナソニックセンター東京 ホール
主催:
パナソニック株式会社
後援:
公益財団法人 日本オリンピック委員会
公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会
協力:
公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
公益社団法人 日本工芸会
※文化庁メディア芸術祭20周年企画展協賛企画

入場無料 予約不要

■見どころMAP

「楽しむ」

【歌舞伎】
舞台の鑑賞だけでなく、服装や食事も含めてトータルに楽しめる歌舞伎は、江戸時代より市井の人々が好んだエンターテインメントの一つです。
そして2016年5月、時代を超えてパナソニックの最新デジタル技術と融合した新しい歌舞伎がラスベガスで好評を博しました。
歌舞伎役者 七代目 市川染五郎が演じた新作歌舞伎「獅子王」のダイジェスト版映像「獅子王に見る歌舞伎の魅力」や、舞台で実際に着用した衣裳をご覧ください。
協力:
松竹株式会社


©松竹株式会社

【浮世絵】
江戸の町、人々のくらしが鮮やかに描かれた歌川広重晩年の傑作「名所江戸百景」。その本物を、貴重な版木とともにご覧いただけます。
また、同じ作品を大画面で明るく、高精細に見ることで、新たな発見があるかもしれません。
協力:
NHKエンタープライズ

「装う」

和服の特徴は、季節や場にふさわしいスタイルが選択されること。
日本人の繊細な感性が伝わる多様なデザインを16種類のマッピングでお楽しみください。

「味わう」

自然と寄り添い、旬の食材を取り入れるだけでなく、季節を感じられる見た目に美しい和食は世界に誇る伝統文化。
四季を楽しむ日本の美しい食文化を映像で楽しく学べます。

「しつらう」

12の季節とあわせて心地よく暮らしてきた先人の「しつらい(室礼)」の文化や、節分、七夕、十五夜などの年中行事に込められた想いを、展示やアニメーションでご覧いただけます。

「日本の色・紋」

【色】
茜色、藤色、松葉色・・・。四季の移ろいの中に、400色以上の色を使い分け、美の心を育んできた日本人の感性。16色の演出空間で日本の美をご体感ください。

【紋】
青海波、市松、ヱ霞、千鳥・・・。紋様それぞれに意味があり、願いが込められています。
紋様を取り入れた品々をご鑑賞ください。

松下幸之助の想い

パナソニック株式会社創業者・松下幸之助の「ものづくりの心」、日本文化にかける想い。
松下幸之助が出会った茶道にまつわる作品の数々をご覧ください。

伝統工芸作品展示

木工、金工、陶芸、漆芸、人形、ガラス・・・。
日本が世界に誇る伝統工芸の技術、息を呑むような、その美しさをご覧ください。

協力:
公益社団法人 日本工芸会


鍛鉄捻線文花器
(たんてつねじりせんもんかき)
三好 正豊

2016年10月 4日

<13>ちっちゃな海の生き物を調べてみましょう!

ちっちゃな海の生き物を調べてみましょう!

海や川には小さな生き物がいっぱいいるよ!
どのような生き物がいるか?みんなで探してみましょう。
何種類見つかるかな? 季節で違うのかな?
変な形の生き物はいるかな?虫眼鏡を使って調べてみましょう!
きっと地球や海や生き物の素晴らしさが発見できるよ!

開催日:
2016年11月5日(土曜日)~6日(日曜日)
時間:
【第1回】11時00分~12時00分
【第2回】14時00分~15時00分
場所:
パナソニックセンター東京 スタジオ
定員:
各回50名
対象:
小学校1年生~6年生
講師:
品川 明先生
プロフィール:
学習院女子大学環境教育センターを拠点に、水圏の環境とそこに生息する生き物のたくみさや素晴らしさに触れ、子どもたちにもその感動を共有してもらいたいと子どもたち、学生、小中高の教員および社会教育指導者等に水辺の環境教育プログラムや味わい教育・食物教育を実践中。
協力団体:
学習院女子大学

※材料は、お子様お一人につきお一つずつお渡しします。
※ワークショップでの工作物は、お持ち帰りいただけます。
※開始時間に遅れた場合、ご参加いただけないことがあります。ご了承ください。

入場無料 事前申込制

参加お申し込みはこちらから:別ウィンドウで開きます


品川 明先生

2016年10月 5日

<10>ARIAKEハロウィンマーチ2016

ARIAKEハロウィンマーチ2016

ARIAKEハロウィンマーチとは

今年で14回目を迎える有明ハロウィンマーチ。
「トリック・オア・トリート(いたずらかお菓子か)」を合言葉に、有明・お台場エリアの9つのスポットに立ち寄り、プレゼントをもらいながら約5㎞を仮装して歩くイベントです。
当日14時頃パナソニックセンター東京を行進する予定です。
ハロウィンの帽子やマントなどで仮装した子供たちと一緒に、ARIAKEハロウィンマーチ2016をお楽しみください。

期間:
2016年10月23日(日曜日)

ハロウィンマーチの様子

写真はイメージです。

2016年10月11日

<20>オリンピックバリュー エクセレンス編 ~金メダルが教えてくれるもの~



オリンピックバリュー(エクセレンス編)

エクセレンス(卓越)とは、自分の目標に向かってベストを尽くし、諦めずに一生懸命頑張ること。大切なのは相手に勝つことだけでなく、自分に負けないという強い気持ちをもって全力で取り組むこと。
なぜトップアスリートは世界中の人々に感動を与えることができるのでしょうか?
そこにはエクセレンスが関係しているのかもしれません。
オリジナルメダルづくりを通して、みんなで考えてみましょう!

開催日:
2016年11月6日(日曜日)
時間:
【第1回】11時00分~12時00分
【第2回】14時00分~15時00分
場所:
パナソニックセンター東京
定員:
各回20名
対象:
小学校1年生~6年生
講師:
筑波大学 荒牧 亜衣(あらまき あい)先生
プロフィール:
筑波大学体育系特任助教。日本オリンピック・アカデミー幹事。
専門はスポーツ哲学、オリンピック研究。専門種目はバレーボール。
筑波大学オリンピック教育プラットフォームを中心に、オリンピックおよびパラリンピック教育に携わる。
協力団体:
日本オリンピック・アカデミー

※保護者同伴でお申し込みいただきますが、ご参加はお子様が中心です。
※開始時間に遅れた場合、ご参加いただけないことがあります。ご了承ください。
※ワークショップで作った工作物はお持ち帰りいただけます。

入場無料 事前申込制

参加お申し込みはこちらから:別ウィンドウで開きます


荒牧 亜衣先生


ワークショップの様子

About 2016年10月

2016年10月にブログ「パナソニックセンター東京イベントページ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年9月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。