会社案内

新製品の発表に、企業ブランドの向上に、パナソニック映像は数多くの企業・官公庁のニーズに合わせた多彩な映像コンテンツを創り続けてきました。近年では、4K映像をはじめとする先進の映像表現手法によって、美しく、驚きのある映像を創り上げています。
技術は、日々進化しています。新しい驚きのあくなき追求と、その進化する技術と共に、パナソニック映像は歩み続けます。
映像が生み出す、一歩先の未来、新しい時代へと―。

会社概要

名称

パナソニック映像株式会社(英文表記:Panasonic Visuals Co., Ltd.)

設立

1993年6月

資本金

3億9000万円(パナソニック株式会社100%出資)

代表取締役

中西 正治(なかにし まさはる)

本社

所在地大阪市都島区東野田町2丁目4番20号 三井住友銀行京阪京橋ビル8F [地図]

電話06-6882-4478

FAX06-6882-4490

東京

所在地東京都品川区東品川1丁目3番12号 [地図]

電話03-3450-7881(ポスプロ、DVD、BD)、03-3450-7883(企画制作)

FAX03-3450-7886(ポスプロ、DVD、BD)、03-3450-7885(企画制作)

事業内容

各種映像の企画制作・編集、MA、BD・DVDオーサリング・プレスを含む映像ソフトのトータルプロデュース

従業員数

110名(2017年1月1日現在)

関連会社

松下广告(上海)有限公司

所在地〒200080

中国上海市虹口区吴淞路575号 虹口SOHO大厦 1006室

電話+86-21-3866-7321

(2017年1月1日現在)

役員

代表取締役 社長

中西 正治

取締役 副社長

宮城 邦彦

取締役

中山 雅人

取締役

山口 寛

取締役(非常勤)

細川 浩二

監査役(非常勤)

谷口 昌利

監査役(非常勤)

清田 英孝

執行役員

木崎 浩司

執行役員

石田 賀寿男

執行役員

西井 保博

沿革

1993年

企画制作部門、パナサット部門設立

社名をパナソニック映像(株)に改称

(株)エクセルAVソフト(1990年10月設立)と(株)パック・イン・ビデオ大阪事務所を6月に合併

1994年

ポスプロ部門設立

東京制作センター発足

(株)エクセルビジョンをパナソニック映像(株)6月に統合

1996年

DVD部門設立

東京制作センター移転(赤坂→品川)

2002年

ポスプロ部門、DVD部門をスタジオ部門に統合

2008年

松下广告(上海)有限公司を中国に設立(100%出資)し、中国での広告代理店業開始

クォンテル社製「iQ Pablo」を導入し、高精細4K・2K映像の編集サービスを開始

2009年

「iQ Pablo」に3Dステレオスコーピックオプションを追加し、3D編集室としての運用をスタート
MA-2 リニューアル(5.1ch/7.1chサラウンド対応)

2010年

オートデスク社製「Smoke」をVer.2011にアップグレードし、「iQ Pablo」とあわせて2チェーンの3D編集室体制を開始

2014年

4K60p編集対応「Pablo Rio」と4K60pカメラ「VARICAM 35」導入。ハイエンドからローエンドまでの4K映像制作を開始

2015年

4K HDR、Ultra HD Blu-rayエンコード・オーサリング サービス開始

2016年

MA-1 リニューアル(4K対応)